« 保坂の一言が、風景を変えた | トップページ | 日経サイエンス 対談 現在は錯視のルネサンス »

2006/03/26

脳の中の人生 苦手だからこそ

ヨミウリ・ウィークリー
2006年4月9日号
(2006年3月27日発売)
茂木健一郎  脳の中の人生 第96回

苦手だからこそ

一部引用

 なる程、と思った。社会に問題もなく適応して、暖かい心で世間を渡り歩くことができる人では、かえって重松作品のようなハートウォーミングな世界は描けないだろう。自分の中に欠落しているものがあると感じるからこそ、それを埋めようとする努力の中で、何かをつかめる。重松さんのように大成する人が出て来るのである。
 苦手だからこそプロになる。ここには、脳の働きという視点から変興味深い問題が提示されていると思う。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

3月 26, 2006 at 10:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳の中の人生 苦手だからこそ:

» 硬いはどっち?? トラックバック ヨモギダ
今日は有楽町のビックカメラに行ってきた。目的はない。電気屋マニアなのだ(笑)なんか新製品とか見てるとゾクゾクする。もちろん買うお金などありゃしないんだけどね(笑) [続きを読む]

受信: 2006/04/01 2:33:52

コメント

まあ、人間には、多かれ少なかれ「不得手」というものがある。そんなものがまったくない、という人は、極々少ないと思う。自分の生きてきた人生の中で、欠落した何かを埋め合わせる為に、必死の努力をする。それが、自分の人生を大きく変える原動力となるのだ。

いまさらここで言うのもなんですが、自分は数学がトテモ苦手で、その克服をいやがった為に、今でも数学が出来ない。今思うに小学生の頃から数学ダメを克服していれば、茂木先生やその他理学の訓練を受けた人達の思いも、もっとよく理解できたのに、と返すがえす残念だと思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/03/28 19:38:56

コメントを書く