« 壺の中にフラワーピッグがいて | トップページ | 脳の中の人生 奇蹟の聞き上手の秘密 »

2006/03/14

たけしも、かなりいろいろ溜まっているらしい

京都駅を歩いていたら、
橋本麻里さんに声をかけられた。

 偶然の出会いに、びっくり。
 「和樂」の取材で、近くに渡辺倫明さん
もいると言う。

 ちょうど、京都造形芸術大学の杉浦幸子
さんと待ち合わせをしているところ
だったので、
 三人をそれぞれにご紹介した。
 
 アート関係者、偶然会す、の巻。

 東山にある瓜生山荘で、京都造形芸術大学の
徳山詳直 理事長におめにかかる。

 折しも、雪がちらつく中、
一代で大変勢いのある芸術大学を
作り上げた、そのお人柄の秘密に接した。

 束芋さん、宇川直宏さん、椿昇さん、
千住博さん、宮島達男さん、宮本亜門さん、
市川猿之助さん、秋元康さん、・・・・
 京都造形芸術大学にかかわっている
人の一部の名前である。

 徳山さんの、「これからの世界で、平和を
つくるものはアートしかないと思った」
という言葉が印象に残る。

 新幹線の中で、仕事をしながら、
どうもこれはかなり疲れているな、と思った。
 あまりにもオン・タイムが続き過ぎていて、
もうダメだあ、という感じである。

 新丸ビルのロビーに坐って仕事を
続けたが、とにかく今の山を越えたら
休もう、と思った。

 PHP総合研究所で
行われた「次代を考える東京座会」。
 福田和也氏は、F1を観戦に行ったということで、
ご欠席。
 牛山圭さんが、現代日本の様々な事象について
網羅的コメント。
 北 康利さんが、主に経済政策についての
課題を列挙。
 中西寛さんは少子化や政治問題について。
 最後に、永久寿夫さんが日本の選挙制度の
問題点について指摘された。

 思うに、このような諸問題を議論する
時に大切なのは、できるだけ総合的な視野
を持って、全てを統合しようという
意志ではないか。
 とは言っても、複雑な事象を全て
引き受けるのは難しい。
 必要なのは、良質なコンセプト・ワーク
なのではないかと思う。
 
 良質なコンセプトは、必ず人を動かす
力を持つ。

 増田健史に電話。「参ったなあ」と一言。
 たけしも、かなりいろいろ溜まっているらしい。

 本当は、たけちゃんまんセブンとゆっくり
ビールでも飲みたいんだけど、それも果たせず。

 本やテレビ番組のような、知的、精神的
生産物のように見えるものも、
 それを作る者にとっては
 一つの「もの作り」の対象である。

 「もの作り」に関わっている者の気持ちは、
そう簡単に判るもんじゃないし、
 判ってたまるか、という気概もある。

 春になったら、たけちゃんまんセブンや、
オオバタン、それに竹内薫あたりと、
 ちょっとゆっくりしてみたい。

3月 14, 2006 at 07:39 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たけしも、かなりいろいろ溜まっているらしい:

コメント

どうか お体 大切になさってください。
押し寄せる圧力を感じない穏やかな お時間をもう少し お持ちなれることを
祈っています。

そんな時間が 茂木先生の更なるパワーの
源となることを願って。。。

充分 限界に挑戦されていられると
私のような人間でも 感じます。
 


投稿: | 2006/03/14 21:41:13

お仕事に追われ続けて、疲労が増すスタンスが続いておられた、ここ3ヶ月の茂木先生。

お仕事の山を一山超えられたら、どうかジックリご休養をとられ、英気を養われることをお薦めしたい、と思います(百も千も万もご承知ではございますが)。

そして!英気を養われた後、一気呵成に本丸に、攻める覚悟でお仕事をがんばっていただきたい。

(相田みつお風に)にんげんだもの…。メカじゃないのだから、激務で疲労がたまったら、ジックリ休んで英気を養う。茂木先生のような方は特に…。

日本の企業社会を見てもわかるように、この国の社会は、人間をメカとみなして馬車馬のように働かせるから、過労死が増えるんだ。

本当にご休養できるような時間が長く取れるとよいと思います。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/03/14 19:40:55

茂木先生!!

また元気ぢからが落ちてきましたか???
がんばりすぎないで、がんばってください!!!

早くお休み取れるようにこころからお祈りしてます。

投稿: のがも | 2006/03/14 10:01:46

「良質なコンセプトは、必ず人を動かす力を持つ。」

今日の一言ですね!

忘れずに、記憶に残しておきましょう!!

メルマガで“偉人たちの名言集”というのを、毎日読んでいました。(もうすぐ終るらしい・・・)

これが意外に、タイムリーな一言だったりするのです。

いまの、自分が必要としていたり、課題としていることを
意識化する良い手立てなのかもしれませんね・・・

おかげさまで、私にとって本当にいろいろなことが
クリアーになりつつあるような気がいたします。

よけいな、お世話と承知しておりますが、あえて申し上げます。

茂木先生も、できればお仕事に追われるスタンスより
ここで一気に、形勢逆転に持ち込んで、お仕事に攻め込んでいかれたら・・・
いかがでしょうか・・・?

夫を見ていても思いますが、
人に仕事を任せるのは、本当に自分も相手も信じていないとできないので
とても難しいことだとは思います。

子どもも同じかもしれませんね・・・

失敗もするかもしれないけれど
子ども自身にやらせてみなければ、本人の力にはならないし
経験することで、何より成長していけるものなのかもしれません。

先生も、百もご承知のことをあえて申し上げたのは
本当に、本丸を攻める覚悟をするのなら・・・
と、ふと想ったので・・・


でも、先生にはやっぱりいろいろな形で表現したり
私たちも含めた多くの人との関わりの中で
求めるものを追求していただきたいし・・・

私自身も  『言行一致』が一番大きな課題で

これは、やっぱり大いに悩みますね・・・


投稿: TOMOはは | 2006/03/14 8:28:05

コメントを書く