« 灯台守 | トップページ | まだ花も見ず »

2006/02/14

プロフェッショナル 仕事の流儀 古澤明

プロフェッショナル 仕事の流儀 第6回

バントはするな、ホームランをねらえ
〜科学者・古澤明〜
「将来のノーベル賞候補」と呼ばれる科学者・古澤明(44歳)。アインシュタイン以来の夢である「量子のテレポーテーション(情報が瞬間的に移動すること)」を世界で初めて実験で実証し、スパコンで千年かかる計算を数秒で解く夢の「量子コンピューター」の基礎研究で、世界のトップを走る。持論は「科学はスポーツ」。若い学生を相手に「失敗を楽しめ」「バントはだめ、ホームランをねらえ」と激励する。世界と闘う科学者の仕事術に迫る。

NHK総合
2006年2月14日(火)21:15〜21:58

http://www.nhk.or.jp/professional/

2月 14, 2006 at 06:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 仕事の流儀 古澤明:

» 必見!「プロフェッショナル」 トラックバック 御林守河村家を守る会
今夜は必見!!! 「プロフェッショナル」 http://www.nhk.or.jp/professional/next.html !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! プロフェッショナル 仕事の流儀 第6回 NHK総合 2006年2月14日(火)21:15〜21:58 バントはするな、ホ... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 8:10:51

» 核X線レーザー トラックバック 御林守河村家を守る会
遠い記憶ですから もううすれてしまって はっきりとは思いだせません。 いまはタイトルも忘れてしまった 二流映画を見たあとのことです。 その映画は 天才科学少年が ある数学的な着想を得て 強力なレーザーを発明するという ほとんどコメディのような物語でした。 そ... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 9:58:22

» プロフェッショナル~仕事の流儀~ トラックバック 文系人間の公務員試験~別館ブログ~
週に1回くらいは「仕事をするとはどういうことか?」ということを考えて見ると良いと思う。 それがいつの日か(もしかしたら面接でも)役に立つ日が来るかもしれない。 別に取り上げられる人の姿勢に共鳴する必要はないと思う。 大事なのは自分で考えること。 自分の頭の中でい... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 20:47:34

» プロフェッショナル~仕事の流儀~ トラックバック 文系人間の公務員試験~別館ブログ~
週に1回くらいは「仕事をするとはどういうことか?」ということを考えて見ると良いと思う。 それがいつの日か(もしかしたら面接でも)役に立つ日が来るかもしれない。 別に取り上げられる人の姿勢に共鳴する必要はないと思う。 大事なのは自分で考えること。 自分の頭の中でい... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 20:50:39

» すごいぞ!「プロフェッショナル」!! トラックバック 御林守河村家を守る会
腹筋して基礎体力をつけたら あそぶんだ〜〜 科学をあそぶんだ〜 と 勘違いしてはいけません。 それはあたりまえのことですが、 ひたすら実験を愛する 研究をおそろしく深く愛する そのこころがなければ あそぶ資格はないのです。 夢のなかでも問題を解く、 その執着... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 7:38:56

» プロフェッショナル仕事の流儀 file:006 トラックバック カメラマン目線な熱狂的マスコミファン
このブログで定番化になっていますが、 プロフェッショナルは今を見つめるには やはりいい番組だと思いますね。 トリノオリンピックモードで見逃された方も多い? 最先端技術に興味があり、時々色々な番組で 取り上げられたりしていたので気になっていました。 再... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 13:49:47

» 未来のコンピューター トラックバック 東京のオフィス事情?
過日「古澤明」先生のTV番組を見ました。世界で始めて量子テレポーションの実験に成... [続きを読む]

受信: 2006/02/22 18:44:20

コメント

 二つに飛んでいく量子の片方に刺激を与えると、もう片方にも影響があるとは知りませんでした!!!
 確かにこれは、「情報」という粒子性も波動性も持たないものが光速を超えて伝わった瞬間ですね!!!!!

 「途中まで出来上がったものを、一からやり直す。」
「失敗を楽しむ。進んで失敗してみる。」
 これらは、僕が習っているデッサンの描き方にも通じます。
 こんな所に共通点があるとは…普遍的な進化の方法なのかもしれません。
 ただ、これらは、作品の完成度が高くなればなるほど、勇気がいるし、時間も完成も気にしなくて良い環境だからこそ、思い切れるところがあって、実生活ではなかなか生かせていません(汗)。
 例えば、提出期限が迫った宿題には必ずパニックになります(苦笑)。

投稿: | 2006/02/16 2:55:07

「プロフェッショナル」 科学者 古澤 明さんの
研究「量子のテレポーテーション」
拝見致しました。
几帳面な日本人の技術・研究能力は素晴らしいと思うので 今後もいろいろな研究が発展していく事を期待したいです。

研究等されている方の参考になるかしら??

http://www.jst.go.jp/kisoken/presto/index.html

投稿: | 2006/02/15 0:26:26

こんばんは。

今回の「プロフェッショナル」は、放送開始以来初めての、科学者の方の登場で、いまからわくわくしています!

今夜の放映が楽しみです。
茂木さん、住谷さん、これからも頑張って下さいね!

投稿: 銀鏡反応 | 2006/02/14 19:01:03

コメントを書く