«  人生、是諸事、時々・・・ | トップページ | 小林秀雄の霊が降りてきた »

2006/02/10

都会のサンゴ礁

研究所で、「アハ体験」
に関する某プロジェクトに関する会議。

 大変面白いものができあがりそうである。

 ヨミウリ・ウィークリーの川人献一さん
がキャスターをされている
「おとな館」 
の撮影。
 モーツァルトについてのインタービューを受ける。
 
 小俣圭といろいろ話す。 
 研究所を出るところで、柳川透とすれ違う。

 渋谷東武ホテル。
 「アサヒ芸能」の加々見正史さん、
平原悟さん。
 『プロセス・アイ』についての
インタビュー。

 国際文化交流推進協会の
野呂昌彦さん、伊東はる奈さん。
 科学と芸術に関するシンポジウムについて。

 大場葉子さん、大場旦さん。
 大場葉子さんが最近始められた
オーストリアの機内誌の話。
 本当は葉子さんだけが来るはずが、
ふと気づくとオオバタンもいるので
びっくり。

 確かに、NHK出版は近いわけであるが、
神出鬼没である。
 これはひょっとすると、自分の仕事
(NHKブックスの原稿)をやらない
うちに大場葉子さんから大量の原稿の
発注を受けたら承知しないぞと、
夫婦ながら監視に来たのかと思ったが、
さにあらず。
 大場葉子の仕事もよろしくお願いします、
という夫婦愛であった。

 オーストリアから持ってこられた
モーツァルトの資料をいただく。

 NHKへ。
 西口玄関で土曜スタジオパークの
古閑久美子さんと会い、
 10階に移動しながら打ち合わせ。

 『プロフェッショナル 仕事の流儀』の
収録は今週はおやすみで、
 今までの回を受けた検討会。
 さまざまな技術的、コンセプチュアルな視点からの
検討が行われた。

 『英語でしゃべらナイト』の金田将二郎さんと、
アハ・センテンスを幾つか考える。

 NHK近くで反省会。
 河瀬大作、小池耕自の「極悪コンビ」が
そろって、見ていると楽しかったが、
 いつの間にか私も入れられて「極悪トリオ」
になっていたのはどういうことだったのだろう。

 今日はいろんな人にお会いして、
いろんなことを喋った日ではあった。
 サンゴ礁の中を泳いでいて、
 きゅるきゅるすれ違う、
行き交いあう、
 そんな時間の流れもまた楽しき。

2月 10, 2006 at 08:09 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都会のサンゴ礁:

» プロフェッショナル 仕事の流儀 トラックバック ++しあわせのクローバー++
 いつも楽しみにしていた『プロジェクトX』が昨年で終わり、今年から始まった『プロフェッショナル 仕事の流儀』。  一番最初に見たときは、『プロジェクトX』の方が好きだな〜{/face_setsunai/}と思っていたけれど、何回か見ているうちに『プロフェッショナル 仕事の流儀』も面白いうと思うようになりました{/face_warai/}  『プロジェクトX』は過去にひとつのプロジェクトが成功{/hikari_blue... [続きを読む]

受信: 2006/02/11 19:09:18

コメント

コメントを書く