« 都会のサンゴ礁 | トップページ | 科学者の矜恃と美人コンテストの誘惑 »

2006/02/10

小林秀雄の霊が降りてきた

文藝春秋
3月号 / 2月10日発売
小林秀雄の霊が降りてきた
茂木健一郎

http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/index.htm 

2月 10, 2006 at 08:11 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林秀雄の霊が降りてきた:

コメント

>Kimball様

小林秀雄さんについては、私もリサーチして、著作なんどを読みたいと思いつつも、日々の雑事に流されてやらずじまい……。(T_T)

小林さんを心の師と仰ぐ茂木さんが、やっぱりうらやましいっ!!
あ、「文藝春秋」読んでみますね、とりあえず。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/02/10 18:55:29

今、近所のスーパーで買ってきて気が付いてびっくりしたところです。

じ、じつは、小生は、KenMogiさまが本日記で
車のなか等で小林先生のCD(ふっふ、当時はiPodはないですからな)を聴くのが心地よいと書かれていたのを読んで2年前にCD全集を買ったものです。
第一巻での「雑談でかんべんしてほしいんです」から聴いたのですが、一番最初は「なんだ、このおじさんは!」だったのが正直な
感想です。が、いまではもう、あのお声、語り口の
魅力のとりこになっています。
全巻iPod mini にいれてもちあるく今日このごろです。
ご存知のないかたがまだまだ多いのは残念なことです。
------
私事で恐縮です。
「感想」... 歯が立ちませんが、辛抱つよく拾い
読みしている日々です。:-)

投稿: | 2006/02/10 15:18:59

コメントを書く