« 丸山健二『貝の帆』書評 | トップページ | 都会のサンゴ礁 »

2006/02/09

 人生、是諸事、時々・・・

お台場にある二つの丹下健三建築、
東京ファッションタウン、
 及びフジテレビ社屋を見に行く。

 BS hi visionで放送される予定の丹下健三
の番組の取材。

 ファッションタウンは、あたかも
ピラミッドのごとき揺るぎないフォルムが、
実は途中から繊細な鉄筋とガラスの
建造物(それは、まるで無重力空間
の中の宇宙船のようでもあり)へと
変貌しているところに現代という
ものに対する批評性が感じられた。
 
 三つ突起している部分の延長線上には、
丹下さんがずっとこだわっていた
東京湾上を都心から木更津へと結ぶ
 軸線がある。

 テレコムスタッフの中村健さんや
平田潤子さんと都庁前へ移動。

 建造当時、さまざまに批判された
新都庁だが、
 よく見れば見るほど美しい姿をしている。
 とりわけ、中央公園から見る
そのありさまは、
 あたかも長い旅をしてきた
巡礼が初めて見る大都市東京の
門のごとくそびえ、
 回り込むと、
 都議会との間に渡された
「ヴァザーリの回廊」
 に囲まれた空間は、
 本来、
ベネツィアのサン・マルコ広場のような、
市民が集い心を通わせる場として
構想されていたように思えてくるのだ。

 活かせていないのは、現代の私たちの
公共空間に対する感度が鈍っている
からじゃないか。
 
 そう想って改めて眺めてみると、
都庁の前を走る高架の道路はいかにも
「邪魔」である。
 この道路を、丹下さんはできれば撤去したかった
らしいが、叶わなかったらしい。

 日本橋の上の首都高速が美観を損なう
と問題にされているが、
 同じことが都庁前にもあったのである。

 真実は深層に隠されていて、
よほどの胆力で発掘しなければ見えては
こない、ということを実感。

 研究所へ。
 所長の所眞理雄さんと諸事打ち合わせ。
 柳川透、小俣圭と雑談、及び
諸事打ち合わせ。

 田谷文彦と恵比寿に向かう。
 ソニーの長尾好則さん、
大場さん、西川さんと
 諸事懇談。

 人生、是諸事。
 今日も明日も諸事でくれていく。

 そんな中で、たまにガツンと
良質のサプライズがあったらいいな。。。。。

2月 9, 2006 at 08:38 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  人生、是諸事、時々・・・:

» 半オフ。(66.2) トラックバック shiba's scope
 昨日の記事に「これ! っていう1ピース」と書いた。茂木先生の今日のクオリア日記にこうあった。 (引用)人生、是諸事。 今日も明日も諸事でくれていく。 そんな中で、たまにガツンと 良質のサプライズがあったらいいな。。。。。(引用ここまで) 諸事の中味の濃さは比べようもないが、「1ピース」は「良質のサプライズ」ということもできるかも、と一人納得。自分が何となく上手く言い表せてなかった部... [続きを読む]

受信: 2006/02/10 0:05:22

» 『冑佛伝説』3月発売! トラックバック 御林守河村家を守る会
『冑佛伝説』を、 来月上梓いたします。 静岡新聞社からの自費出版です。 また、前作同様 脳科学者茂木健一郎先生の御序文をいただきました。 装丁は友人の版画家高橋シュウ氏に お願いしようと思っています。 前作『蒼天のクオリア』と色違いの ほとんど同じ装丁にな�... [続きを読む]

受信: 2006/02/10 6:25:13

コメント

今晩は。
体調のほうはいかがでしょうか。
寒暖の差の激しい日が続いております。
くれぐれもご自愛のほどを。

人生とはやはり諸事の連続で、うんざりするほど日々の「雑事」をこなす中で、上のyuri様のご意見のように、

人々は(大人も子供も老人も若い者も男も女も)、たまにガツンと(来て欲しいと乞い願う)良質のサプライズを求めているのでしょう。

しかしなかなかそういうサプライズに出会えるという機会は最近、ないんですよね。

そこで!
「プロフェッショナル 仕事の流儀」FILE:005の
宇都宮弁護士のような人の存在がその良質のサプライズになるのでしょうね…。

弱い立場の人の明日の幸せの為に、仮令(たとえ)闇の世界の人間に命を狙われても、「社会の敵」との闘いを止めない…。

そんな彼の眼差しは常にやさしく、また彼の眼はどこまでも澄んでいました。

彼のような人が、この歪んだ島国に光をもたらしてくれる人なのでしょう。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/02/09 18:48:47

たまにガツンと良質のサプライズ は、

皆(大人も子どもも)欲しくて、
飢えてる(?)かもしれませんよね。
日常にうんざりしたりして。
だからこそ、
プロフェッショナルの宇都宮さんが、
裏切られても、
コツコツ続けられていらっしゃることが
すごいんですよね。

私の場合、
茂木先生のブログを見る事は、
とっても楽しみなのです。
先生、体調いかがですか?

投稿: yuri | 2006/02/09 12:21:24

コメントを書く