« ふがふが | トップページ | ものを考えるには寒すぎる »

2005/12/13

『脳と仮想』Xmas Campaign

 「ねえ、サンタさんていると思う?」
歳末の空港で
ふと耳にした小さな女の子の一言が、
私に『脳と仮想』を書かせてくれた。

 この本を読むと、「サンタクロースに会う」
ということの意味がわかるのではないかと
思います。

 そこで、日頃からアートの本質について
熱い議論を闘わせている
東京芸術大学美術解剖学教室の
蓮沼昌宏さんと、植田工さんに、
『脳と仮想』Xmas Campaignのスペシャル・
装丁を考えていただきました。

 あなたも、大切なあの人に素敵なクリスマス・
プレゼントとして『脳と仮想』 はいかがでしょう?

 きっと、あなたの思いは伝わるはずです。

2005年12月13日
茂木健一郎

(Xmas Campaignの図柄、引き続き募集中です!
優秀作はこのblogでお名前とともに発表させて
いただきます! 画像データで、
kenmogi@qualia-manifesto.comまで
お送りください!)


蓮沼昌宏くんの作品



植田工くんの作品(その1)


植田工くんの作品(その2)

12月 13, 2005 at 10:51 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『脳と仮想』Xmas Campaign:

» 快老術 トラックバック 康文の THE CLASH 大好き!
快老術 大脳生理学者 大島清氏 「かきくけこ」  か=感動  き=興味  く=工夫  け=健康  こ=恋心 なるほどー。 [続きを読む]

受信: 2005/12/13 20:49:43

コメント

「aha!」
あれはパリの12月、確か'99の。夜道を10区から11区に向かってたときの短い会話。親日派の音声認識学者のクリオ(ルノーの車)には"脳"つながりの話題で盛り上がる4人+私。その中でその時初めて"茂木健一郎"先生の名前を聞いたような気がしています。
夏、何となく母校への足は重くイベントを逃すものの、地中美術館へはいつ行こうかと予定を見ていてみつけた"脳"の文字と"茂木健一郎"先生の名前。まだ聴覚と視覚が一致せず。
11月、イサムノグチ庭園美術館へ。まずは香川入り。
月曜日、夜はぼんやり語学番組。こたつの中で思わず"aha!"。
そして13日16h、1月21日に決めました。

-Atelier Kaukau-
kaukau.

投稿: | 2005/12/13 23:59:03

おお、これはまた素敵なクリスマス・ヴァージョン!

蓮沼氏や植田氏の作品は優しさや温かみがあって好感度大です。

私も出来れば画像データでお送りしたいのですが、PCのメール用ソフトウェアがいまいち使えないのです…ごめんなさい。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/12/13 22:08:08

「脳と仮想」のクリスマス・バージョン、素敵ですね! クリスマスといえば、24日のクリスマス・イヴに娘と一緒に「アキバ・理科室2005」に参加させていただきます。イヴの日に、茂木先生のお話が聞けるなんて、最高のクリスマス・プレゼントになりそうです。娘はまだ6歳ですが、きっと「脳」にたくさん良い刺激をもらえるでしょう・・・。今から楽しみにしております!

投稿: | 2005/12/13 11:25:29

コメントを書く