« 第2回 Interact @駒場祭 | トップページ | 再訪 »

2005/11/14

茫漠たる青空

 釧路から帰ってきた翌朝、
家を7時過ぎに出て、埼玉会館に
向かった。

 日曜の朝早くでも人がたくさん
電車に乗っているので驚く。
 一体みな何をしているのか、とは
「自分を棚に上げて」思うことだが、
 本当に東京は人が多い。
 とりわけ、釧路のようなところに
行ったあとではそう思う。

 日本感覚統合学会年会。

 感覚統合(sensory integration)
は、Jean Ayresらによってはじめられた
障害を持つ子供の療法のメソドロジー。
 
Sensory Integration International
 
のホームページにその歴史がある。

 埼玉県立小児医療センターの川俣実さんが
呼んでくださった。
 昨年は養老孟司さんだったとのこと。

 講演が始まる前、控え室で川俣さんや
会長の土田玲子さんとお話する。
 現場の感覚から出てくる言葉は
やはり興味深く、重い。

 講演のあと、浦和駅前のフランス料理屋で、
国立秩父学園 園長の吉野邦夫さん
NPOインフォメーションセンターの 寄田勝彦さん
京都大学医学部 小西紀一さん
京都大学医学部 加藤 寿宏さん
と昼食をとりながら懇談。

 研究室の学生には、自閉症などの発達障害
に興味を持っているやつらがいて、
 柳川透とか、石川哲朗とかは
特に興味を持っている。

 今回知り合いになった皆さんに
学生たちがいろいろ教えていただく
機会があれば良いと思う。

 帰宅し、仮眠。
 起きてからひたすら仕事。
 米国に行く前にやっておかなければ
ならないことが山積しているのだが、
 やってもやっても当然のことの
ごとく終わらない。

 じっと手を見たのは石川啄木だが、
 私はただ呆然とするのだった。

 東京に人が多いというのと、
頭の中に仕事がたくさんあるというのは
おそらく同じ状態である。
 釧路湿原のような、人がいない状態を
どうやって頭の中につくるか。

 とりあえず、飛行機の中で目を閉じて
星の輝く茫漠たる青空を夢見ることと
しよう。

11月 14, 2005 at 04:45 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茫漠たる青空:

» 「脳」整理法 トラックバック 御林守河村家を守る会
一昨日から今朝の四時ころまで、このサイトに接続できなくて、それで13日の日記が書けませんでした。 名古屋の食文化のことなどを書こうと思っていたのですが、すこし気勢がそがれてしまって、きょうは河井先生が管理人のブログで紹介されているセレンディピティのこと... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 9:34:53

» 創造力は世界を変える―世界アーティストサミット トラックバック 銀鏡反応 パンドラの函
★先日原宿で行なわれたTOKION Creativity Now 2005は酷い催しであった。 ★私は直接行ったことはないが、このイヴェントに参加した人の一人である、有名な脳科学者がこのイヴェントの惨状について自身のブログで告白しているのを見て、 「なんと酷いイヴェントなのか!」 と憤慨しつつ彼に同感し、参加したクリエイター達の不甲斐無さを慨嘆したコメントを書きこんだのを覚えている。 ★今回紹介する「世界アーティストサミット」は、そんなイヴェントとは一味も二味も違うものであるらしい。 ★なんでも、デ... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 23:41:44

» 「脳」整理法(2) トラックバック 御林守河村家を守る会
セレンディピティについては、「「脳」整理法」の第五章に書かれています。 まえにハイゼンベルグの不確定性原理についてお話ししたように、我らの住むこの蒼い宇宙には偶然しか存在しません。 ちょうど中学三年の数学で習う「無理数」のように、宇宙はどこまで調べても... [続きを読む]

受信: 2005/11/15 6:06:35

コメント

忙しさって、なんでしょうね。
本当に自分のすべきことを考えたら、いろいろ整理されてくるように思います。
いろんなものを断ち切る能力が必要なんでしょうか?

投稿: 西永 昌代 | 2005/11/16 9:23:52

感覚統合?
センサーの世界では自立分散の話が盛り上がっていた時期がありますよね。

センサーにおける自立分散とはどのようなものですか?
ある先生に、自立分散には時間軸がないといわれたように記憶しているのですが、そのときはいみがわかりませんでした。

簡単にでも教えていただけないでしょうか?

私の気持ちブログ見てね。
http://blog.livedoor.jp/tasukete_papaya/

投稿: 佐々木裕伸 | 2005/11/15 17:22:06

 そんな時は、風呂と布団ですね。あの中で音楽でも聴いていれば、頭は空っぽ…とまではいきませんが、1人2人とゆったり雑談するぐらいにはなります。

 そして、そこから一歩外に出れば、山積みされた、本やら、サークルやら、ゲームやら、日課やら、将来の夢やらがどどーっとなだれ込んできて…
 今日も長風呂になりそうです(笑)。

投稿: cosmos | 2005/11/15 2:34:06

茂木さん、こんばんは。

自分が定期購読している雑誌に、京都造形芸術大学国際センター教授の宮島達男先生が、
ご自身の企画される「世界アーティスト・サミット」という催しについて述べられた記事が掲載されています。

このことを茂木さんに是非お知らせしたいと思いまして、我がブログにてその全文を引用し、トラックバックすることに致しました。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/11/14 21:59:28

コメントを書く