« 健史からのメール | トップページ | NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」 »

2005/11/01

金剛石

 NHK首都圏放送センターの
井上恭介さん、矢倉真理さん。
 インターネット時代の人間について。

 「virtual」という言葉は、
しばしば「仮想」と訳されるけれども、
 英語では、「事実上、効果において
もとのものと変わらないもの」という
ニュアンスが強い。
 virtual realityとは、「事実上
現実と変わらないもの」
という意味になる。

http://dictionary.reference.com/search?q=virtual 

 文字や映像、ネット上の情報に
現実感を見てしまう人間の脳の働きが
どのようなことから生じているか?
 現代の多重文脈性と合わせて。

 NHKの有吉伸人さんと、
『プロフェッショナル』の
ラインアップについて。

 多彩な「プロ」たちの
取材予定ができあがっていた。
 有吉さんのもとには、
300人以上のリストが。
 これを複数のチームで回して
いくのだから、
 プロデューサーには経営感覚が
必要だ!

 単行本化の計画も。
 NHK出版の大場旦が参画する
とのこと。
 楽しみである。

 二件の打ち合わせ以外は、静かに仕事。
ここのところタイトなスケジュールだったので、
 ゆっくり考える時間が有り難かった。
 
 考えることは愉しい。

 「仮想」が、「現実」と対置される時、
どうしても「仮想」が「現実」より
劣ったものというニュアンスが立ち上がり
がちだ。
 確かに一部の人々には甘さがあるのだろうが、
 金剛石のごとき仮想もあるのだと思う。
 考えるということは、つまり、仮想の
中の金剛石で遊ぶことである。

 今日から11月。今年はあとどれくらい
金剛石で遊べるだろう。

11月 1, 2005 at 07:27 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金剛石:

» お宝探検隊 トラックバック お宝探検隊
芸能人・著名人のお宝過去を暴きます!この人の情報探してます。どこにありますか? [続きを読む]

受信: 2005/11/01 7:53:47

コメント

一月から始まるプロフェッショナル仕事の流儀
のスタッフの陣容と番組出演者と
ゲストやはどうなっているのでしょうか?
NHKの番組と民放の番組のこのページでの
説明量は民放>NHKです。
民放の番組の説明は詳細ですが、
NHKの番組はそうではないです。

投稿: | 2005/11/02 17:58:30

コメントを書く