« 見える才能と見えない才能 | トップページ | 長い日曜日 »

2005/10/30

My life as a Neanderthal.

The Qualia Journal

My life as a Neanderthal

茂木健一郎 『クオリア降臨』
文藝春秋社より2005年11月25日発売

10月 30, 2005 at 07:52 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: My life as a Neanderthal.:

» 私は見た!ヒルズ族の驚くべき家賃!!! トラックバック 驚き!ご意見番
この前10月23日に福澤朗と菊川怜がキャスターを務める日テレの「真相報道 バンキシャ!」見ましたが驚くべきヒルズ族の実態が取り上げられていましたね!ヒルズ族はなーなんと一ヶ月の家賃が確か最高で550万円なんていう大金(ヒルズ族にとってはちっぽけな金額?)... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 15:02:41

コメント

目に見える才能も実は{(脳)のはたらき}と無縁ではないような。きがしてきた大塚(洋子)です。この写真本当にかっこいい。

投稿: 大塚 | 2005/11/15 16:16:44

このエントリーへのコメントをもう一つ書かせてもよろしいでしょうか。

改めてこの写真を見て思ったのですが、横を向いた状態の写真は、まるでマッシュルーム(失礼!)に顔がついたように見えます。

それはちょうど三日月に顔がついたあの「花〇石鹸」の商標のようです。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/10/31 19:10:59

これは凄い!セピアトーンに見えるからよけいにそう感じるのかも知れないが、被写体たる茂木さんの顔面が生々しく、異様な迫力をもって見る者に迫ってくる。
とくに正面を向いている写真は、眼が見る者の心を射抜くようで、思わずすくんでしまう。
こういうモノトーンの写真はカラーのそれよりも、その被写体の生々しさと内面世界を表現しているように思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/10/30 12:58:01

コメントを書く