« “低俗”も脳の大事 | トップページ | ちくま新書 「脳」整理法 関連 »

2005/09/18

アエラ記事

ただ今発売中の
AERA 2005年9月26日号

http://opendoors.asahi.com/data/detail/6939.shtml

に、私の発言を引用した、
「小泉首相はホリエモンに近い
右脳と左脳のバランス抜群」
という記事が掲載されています。
この中で、
「左脳」、「右脳」は、大脳皮質の左半球、右半球を
指す用語で、記事中に書かれた左脳、右脳の解剖学的
部位は間違いです。
(電話でのインタビューを記者の方がまとめられた
もので、事前にチェックすることができませんでした。)
ここに訂正させていただきます。

9月 18, 2005 at 08:01 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アエラ記事:

» ジャーナリスト精神は衰退へ向かうのか トラックバック 銀鏡反応 パンドラの函
 電車に乗り書籍や商品などの中吊りを見ていると、週刊誌の中吊りの異様さが目立っている。  例えば、「小泉バカ勝ち!サラリーマン大増税へまっしぐら!!」といった、こけおどしのような仰々しい見出し、茲で書くのも気が退けるほどの、いかがわしい文言が並べられた見出し、女性週刊誌や写真週刊誌によくある「〇〇と××・協議離婚の裏側にあのスターが!!」…などといったスキャンダラスな見出し…どれもこれも、見ているうちに脳がおかしくなりそうな文言ばかりだ。  くわえて報道現場の、本来あるべきジャーナリスト精神からの逸... [続きを読む]

受信: 2005/09/18 16:47:17

» ジャーナリスト精神は衰退へ向かうのか トラックバック 銀鏡反応 パンドラの函
 電車に乗り書籍や商品などの中吊りを見ていると、週刊誌の中吊りの異様さが目立っている。  例えば、「小泉バカ勝ち!サラリーマン大増税へまっしぐら!!」といった、こけおどしのような仰々しい見出し、茲で書くのも気が退けるほどの、いかがわしい文言が並べられた見出し、女性週刊誌や写真週刊誌によくある「〇〇と××・協議離婚の裏側にあのスターが!!」…などといったスキャンダラスな見出し…どれもこれも、見ているうちに脳がおかしくなりそうな文言ばかりだ。  くわえて報道現場の、本来あるべきジャーナリスト精神からの逸... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 8:23:28

コメント

茂木さんっ!す、すいません、同じトラックバックを2度やってしまいました!!
何卒ご容赦を…。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/09/19 10:32:31

昨今のメディアの誤報ぶりには呆れてモノが言えない。
つい先日も朝日新聞の記者が功名心からか、田中康夫・長野県知事のコメントを捏造して問題になった事件があったが、事実を歪めずあるがままに記録し、正確に伝えるという、ジャーナリズムの本来の精神から逸脱しているとしか言いようがない。
アエラの今週号記事も、電話でとはいえインタビューしておきながら、後でその内容の一部(この場合は脳の部位)を間違って載せるという間違いを犯してしまった本来的ジャーナリズムからの、雑誌メディアの逸脱ぶりを如実に示していると思います。きっとその記者は脳について
極めて不勉強なのでしょう。
今回の記事へトラックバックさせていただきます。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/09/18 14:38:23

コメントを書く