« いのちの響きそのものか | トップページ | 京都があって良かったと思う。 »

2005/09/30

(本日)創造力-クリエティビティ-とは何か

創造力-クリエティビティ-とは何か
『Diversity KYOTO-多様性が創造する未来』 
日 時
2005年9月30日(金) 18:00〜20:30(開場 17:30)
場 所
京都造形芸術大学 芝生広場  
※人間館ギャルリ・オーブ屋上。 雨天の場合、会場を変更することもあります。
パネリスト
タナカノリユキ(クリエイティブディレクター、アートディレクター、映像ディレクター)
黛 まどか(俳人)
茂木健一郎(脳科学者、京都造形芸術大学客員教授)
山下 泰裕(柔道家、東海大学教授)
モデレーター
椿 昇(現代美術家、京都造形芸術大学教授)
主 催
京都造形芸術大学 国際藝術研究センター
お問い合せ
京都造形芸術大学 国際藝術研究センター  世界アーティストサミット事務局 杉浦・岸本
Tel:075−791−9132/Fax:075−791−9181

http://www.acic.kyoto-art.ac.jp/now/2005/09/summit/summit.html
 
http://artists-summit.jp/program/pre/

9月 30, 2005 at 07:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (本日)創造力-クリエティビティ-とは何か:

コメント

このイベントに参加しました。芸短の卒業生です。
たくさん印象に残る言葉がありましたが、茂木さんの
「クリエイティビティに愛がないと妙なものになる」
この言葉がすごく心に残っています。
私はアーティストではないですが、
世に送りだすモノを作るとき(普段の仕事ですね)に、
この言葉を忘れないようにしたいと思いました。

投稿: sanoemi | 2005/10/15 1:51:21

ご無沙汰しております。
河村です。
7日の授賞式で、先生にお目にかかれるのを楽しみにしております。
ところで、トラックバックがきかないようですが、いかがでしょうか?
当方の不具合かもしれません。
調べてみます。

投稿: 河村隆夫 | 2005/09/30 12:02:29

コメントを書く