« 「脳」整理法 できる | トップページ | 第4回小林秀雄賞発表 »

2005/09/01

嬉しい驚き

 矢来町の新潮社で、『考える人』に掲載される
小林秀雄賞のインタビュー。
 松家仁之さん、北本壮さん、金寿煥さん、
足立真穂さん。

 いろいろな雑談を挟んだ流れの中に、
久しぶりに親しい友人と囲炉裏端で
ゆったりと対話したような
気分になった。

 帰り際、嬉しい驚きが。
 7月12日に青山ブックセンターで
あった保坂和志さんと小島信夫さんの
対談の録音を、
 保坂さんが気を利かして「茂木さんに
あげてください」と手配して
 下さったのだ。

 仕事の都合で行けなかったのだが、
「奇跡的なまでに感動的」な対談だったと
複数の人から聞いて、
 過去を取り戻したい、と焦燥を募らせて
いたところだった。

 ほくほくして、新潮社を出る。

 原宿のBS朝日へ。
 「いまどき! ごはん」の
収録。
 小倉智昭さんと柴田理恵さんがホストになって、
ゲストとごはんを食べるという番組で、 
 私と囲碁の梅沢由香里さんが客だった。

 桑名の焼き蛤と、三重の新米がうまかった。
 しかし、カメラの前で食べるのは難しい。
 放送は9月18日(日)18時〜の予定。

 研究所で、小俣圭のInterspeechのポスターを
チェック、
 この前時間切れで聞けなかったSOMの研究内容を
聞く。
 ちゃんと視聴覚統合の非対称性が出ていて、
やったね、小俣君、と思う。
 これで、博士論文の骨格の一部ができたようだ。

 柳川透の研究の論文をどこに出すかも相談。
9月からは少々慌ただしい。

 送別会があり、その後、
残っていたメンバー(小俣圭、柳川透、
須藤珠水、田谷文彦)で
 五反田の飲み屋に向かい、軽く飲む。
 小俣や須藤とポップスの話をしたのが
面白かった。

 1時間ほどで私は一足先にさよなら。
 仕事の後のビールはおいしゅう御座いました。

 今日は大学院の入試で、一日中東工大のすずかけ
台キャンパスに行く。
 本格的に秋の気分である。

9月 1, 2005 at 05:04 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しい驚き:

コメント

コメントを書く