« (本日)東京新聞 夕刊 文化欄 「ノンジャンルを生きる」 | トップページ | (本日)「恋愛 戦略論」 »

2005/09/17

ゴースト

 NHKにて、「視点・論点」の収録。

 解説委員室で、舘野茂樹さんと
お話する。
 解説委員の大島春行さんを
ご紹介いただく。

 テーマは、「小林秀雄に学ぶ話し言葉の魅力」
ということで、途中に自著の朗読という
趣向があった。
 私はいつも原稿は用意しないが、
今回はメモで流れは作ってあった。
 尊敬する先人にちなんだ
話ということで、
 ジャケットもいつもより
フォーマルに。

収録を終えて解説委員室に戻る廊下で、
室山哲也さんに会った。
「ああそうか、今日だったんだ」と室山さん。
さわやかな笑顔。

 夜、三枝成彰さんと対談。
 三枝さんのグランドピアノによる
生演奏付きという豪華版。

 三枝さんは、「クラッシック」は
「古典」という意味に非ず、
 「階級」だという。
 そして、「クラッシック」を聴く
上流階級は、
 安易に快楽を肯定せず、
いわば「やせがまん」するのだと。

 ものすごい才能を持った人が
やせがまんすると、
 傑作ができる。
 日本では武満徹、と三枝さん。
 
 朝日カルチャーセンターの対談は、
「対談」というよりも、私が
ホストになってのチャット・ショウの
性格が強いが、
 さすがは三枝さんで、
 流れるようにスムースに全てが
進行した。

 11PMはダテではない。

 いつもの兆一での打ち上げの後、
三枝さんの先導で青山のバーへ。
 眞木準さんや、奥田瑛二さんもいらした。
 
 その場で、電通の
 佐々木厚さんが、六本木合唱団に入団した。
 私も入団しているはずだが、一度も
練習に行っていない幽霊である。
 
 脳の中の幽霊。
 ゴーストに導かれて、私たちの
人生はからからと回っていく。 

9月 17, 2005 at 09:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴースト:

コメント

コメントを書く