« あすへの話題 ニュートンの「アハ!」体験 | トップページ | 「脳」整理法 できる »

2005/08/30

小林秀雄賞

朝夕が涼しくなって、夏の終わりの気配が
漂うようになった。

 お台場の科学未来館に行く。「メガスター」
の大平貴之さんと対談する。
 学研の『大人の科学』の企画。

 特別に、メガスターの星空を上演して
いただく。
 そんな中、「星空をバックにした写真」
をとるためか、不思議な撮影をする。
 星空の下、30秒間静止していて、
その間フラッシュを焚く、という方式。
 
 面白かったのは、肉眼で見える6等星以下の
明るさの星を提示するかどうかで
 論争がある、という大平さんの話。
 サブリミナルのような話で、
 大平さんによると、あるとなしでは
明らかな質感の差異があると言う。

 満点の星空の下、なぜ人は星空を
美しいと感じるのかを議論して、楽しかった。

 夕刻、新潮社の葛岡晃さんから電話。
 「これから話すことは重要なことです」
と前置きされて、小林秀雄賞の受賞を知る。
 『脳と仮想』に対して。
 今からホテル・オークラに来いという。

 候補になっていること自体、全く
知らなかったので、大変驚き、
 オークラに向かうと、金寿煥さんが
いきなりリュックをとる。
 「そのドアを明けると、もう会見場ですから」
と言う。

 入ると、30名くらいの記者の
方々がいて、びっくりした。
 写真を撮られながら、受賞の思いを
お話する。
 質問も沢山出て、受賞会見というのは
こういうものか、と思った。

 別室に、審査委員の
加藤典洋、関川夏央、堀江敏幸、養老孟司さんが
いらした。

 養老さんには久しぶりにお会いしたけれども、
何だか以前に増してお元気で、若返ったように
さえ感じられた。
 
 バーで、お世話になった新潮社の方々
と乾杯。
 『脳と仮想』の元となった連載「仮想の系譜」
を「考える人」に連載することを薦めて
くださった松家仁之さん。
 連載中に担当して下さった、葛岡晃さん。
 単行本化にあたって装丁など、お世話になった
北本壮さん。
 南直哉さんとの対談などを担当して
下さっている金寿煥さん。
 そして、小林秀雄の担当を長年に渡って
されていた、池田雅延さん。

 皆さんの顔を眺めていると、
感謝の思いで一杯になった。
 本当にありがとうございました。

 帰路、池田さんとお話する。
 小林秀雄の講演は志ん生に似ていると
以前から思っていたが、
 実際志ん生が好きで、特に『火焔太鼓』を
繰り返し聞いていたという。

 あるお祝いの席で、パーティーに遅れて
いった人たちが、会場から志ん生の落語が
聞こえてきたので、「おい、豪勢だな。
志ん生が来ているぞ。」と感心した。
 しかしおかしい、よく考えると
志ん生は最近死んでいる。

 中に入ると、小林秀雄がお祝いの言葉を
述べていたのだった。
 その時のスピーチは、まさに一つの
完成された落語だったと言う。

 そんな話を池田さんに伺いながら
眺めた夜景の美しさは忘れられない。

(お祝いのメールをお送り下さった方々、
ありがとうございました!)

8月 30, 2005 at 06:23 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林秀雄賞:

コメント

茂木健一郎さま
受賞、おめでとうございます。
ますますのご活躍とそれを支えるご健康をお祈りいたしております。

投稿: | 2005/08/31 23:42:03

おめでとうございます!
クオリア的なものの象徴とした小林秀雄さん。その名を冠した賞で、まさに茂木さんにふさわしい受賞だったと思います。一層のご活躍を祈念しております。

投稿: | 2005/08/31 14:21:08

 茂木さん、おめでとうございます。科学と文学の境界をかるがると美しく超えていく茂木さんならではのことですね。でも、今以上に仕事を抱えて、あまり無理をなさらないでください。

投稿: | 2005/08/31 1:20:47

茂木さん!おめでとうございます!
ミラーニューロンのお陰か、自分も大変嬉しく感じています。これからもご活躍を!!

投稿: | 2005/08/30 23:33:50

茂木さん!おめでとうございます!
ミラーニューロンのお陰か、自分も大変嬉しく感じています。これからもご活躍を!!

投稿: | 2005/08/30 23:33:50

おめでとう御座います!!!
ますますお忙しいことになりそうですね。
どうぞお体に充分配慮のうえ、
目イッパイのご活躍を期待しております。

投稿: 長谷邦夫 | 2005/08/30 20:59:06

おめでとうございます。
お母さんから受賞のこと聞きました。最近の活躍にすごいのひとことです。テレビも必ずみてます。
お忙しいでしょうが、また、御家族みんなで遊びに来てください。

投稿: | 2005/08/30 18:30:43

この度は小林秀雄賞受賞誠におめでとうございます。クオリア日記いつも楽しみにしております。これからのご活躍も楽しみにしております。

投稿: | 2005/08/30 18:06:11

おめでとうございます!

それと、志ん生さんのエピソード紹介、
ありがとうございました!!

はは、「下手な落語を聴くよりおもしろい」なんて、
いっていたのですが、落語だったんですね、
小林先生の講演。 :-)

お追従でもなんでもなく、小林先生の講演CDが
あること、それをiPod で聴くことのアイデアを
もらったのはQualia日記からでした。
それも感謝いたします! :-)

投稿: | 2005/08/30 18:01:49

クオリア日記、いつも読ませていただき、コメントさせて頂いています。
(遅れ馳せながら)このたびは小林秀雄賞受賞、まことにおめでとう御座います。あの養老孟司先生やその他たくさんの方がお祝いに駆けつけてくださったそうですね。
私自身、小林秀雄という人がどんな人で、どのような功績を残されたのか、何分にも勉強不足で申し訳ないのですが、茂木さんにとっては、「心の師」と仰ぐべき偉大な人物だったのでしょう。
今回の受賞は「クオリア」というキーワードを足懸かりに、人の持つ創造性、意識とひらめきなど最終的に生命の本質に繋がると思われる研究を続ける茂木さんの、それこそ長年の血の滲むが如き奮闘が、報いられた瞬間なのに違いありません。
これからも「QUALIAムーヴメント」同様、茂木さんの研究を応援していきたいと思います。
それではご多幸を。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/08/30 17:57:45

 小林秀雄賞受賞おめでとうございます。

 クオリオの研究の壁は、神の尊厳に関わる重大な科学と生命との極限的不可侵な領域の事象だと私は今でも考えています。
 ニュートンがりんごの落下で引力の法則を閃いたように、唯物論的にすべてが解決されると信じていた科学者が、かけがえない実親の死をもって、意識や魂の存在に気がついたのでは、あまりに世間知らずと云われても仕方ありませんが、それでも、そういう魂や意識に関する閃きも、長じてクオリアについても、極度に組成された脳髄の経験則から生じる温度のようなものであると私は信じていますが。物質的唯物論と生命的唯物論とでは、次元の違う話で・・・。生命的唯物論と唯脳論は同じ考えだと私は考えます。
 とにかく、受賞おめでとうございます。

投稿: try1ryo1 | 2005/08/30 11:14:29

クオリア日記、いつも一読者として
静かに拝読しておりましたが、
今回は書き込まずにはいられませんでした。
受賞本当におめでとうございます!!
先生のこれからのご活躍も楽しみにしております。

投稿: | 2005/08/30 11:02:35

クオリア日記、いつも一読者として
静かに拝読しておりましたが、
今回は書き込まずにはいられませんでした。
受賞本当におめでとうございます!!
先生のこれからのご活躍も楽しみにしております。

投稿: | 2005/08/30 11:02:35

受賞おめでとうございます。

先生がこれから受賞されるおおくの賞のさきがけとして、先生が日ごろから尊敬されている小林秀雄賞を受賞されたことは、愛読者のひとりとして、こころからお慶び申しあげます。

のちほど、メールをお送り致します。
(とりいそぎ、仕事場にて)

投稿: 河村隆夫 | 2005/08/30 10:30:06

受賞おめでとうございます。これからも楽しみにしております(^^)

投稿: akemi | 2005/08/30 10:17:12

受賞おめでとうございます。「脳と仮想」は、大げさでなくわたしにとっても1つのターニングポイントとなった1冊です。これからもどうかご健康で、ますますのご活躍をお祈りしています。

投稿: shiba | 2005/08/30 9:06:04

大変ご無沙汰をしております。
今朝、新聞で受賞を知りました、おめでとうございます!
取り急ぎにて・・・

投稿: | 2005/08/30 7:37:59

小林秀男賞→小林秀雄賞

投稿: | 2005/08/30 6:54:33

受賞おめでとうございます。美しい星空から受賞が降ってきた、なんていいシチュエーションですね。脳科学者が小林秀男賞というのがまた驚きですね。

投稿: | 2005/08/30 6:45:37

コメントを書く