« ロード生活 | トップページ | 大切な鏡 »

2005/08/22

忙殺と栄養ドリンク

Rising Sun Rock festival は最高に
面白かった。

さそってくださった桑原茂一さん、
本当にありがとう!
須田さん、吉村さん、
good sessionでした!
クラブ・キングのみなさん、お疲れ様!

アーティスト・エリアのカフェテリアに
行ったら、氣志團の人たちがあの恰好で
ストレッチをしていた。

氣志團にはストレッチが似合う。

東京に帰ってきた後は、ECVPの
データ整理や関連論文整理で忙殺。
栄養ドリンクを2本飲む。

あと少しで、ルフトハンザでヨーロッパに向かう
ために家を出ます。

飛行機の中でネットが使えればいいのだけれども。

ECVPでは、次の発表をする予定である。
他にも私たちのグループから二件の発表がある。
(田谷文彦さんと、Zhang Qiさん)

それえでゃ、行ってまいります。

Slow and fast processes in visual "one-shot" learning.

Ken Mogi, Takayasu Sekine, & Yoshi Tamori
Sony Computer Science Laboratories,
Tokyo Institute of technology
Kanazawa Institute of Technology

A striking example of active vision is when it takes a while to realize what is hidden in a seemingly ambiguous bi-level quantised image. Famous examples such as "the Dalmatian" and "Dallenbach's cow " are visual teasers in which naive subjects find it difficult to see what is in the figure. Once the subjects realize what is in the picture, there is a one-shot perceptual learning, and recognition of what is in the image is possible after the passage of a considerable amount of time. These visual "aha!" experiences or "one-shot" learning processes are interesting for several reasons. Firstly, the combination of low-level spatial integration and top-down processes involved provides important clues to the general neural mechanism of active vision (Kovacs et al. 2004 Journal of Vision 4 35a). Secondly, the temporal factors involved in this process, such as the brief synchronization of neural activities (Rodoriguez et al. 1999 Nature 397 430-433) provide crucial contexts for the integration of sensory information.
Here we report a series of experiments where the temporal factors involved in the one-shot visual learning are studied. The subjects were presented with several bi-level quantised images, and were asked to report what is in the image. We measured the time required in delivering the correct answer. We found that there are at least two distinct cognitive processes involved. In the "fast" process, the subjects almost immediately realize what is in the image, with the report time distribution decaying in an exponential manner. In the "slow" process, the realization occurred in a quasi-Poisson process, with the moment of realization evenly distributed over time. Thus, the visual system seems to employ at least two different strategies in deciphering an ambiguous bi-level quantised image. We discuss the implications of our result for the neural mechanisms of dynamical cognition in general.

8月 22, 2005 at 05:12 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忙殺と栄養ドリンク:

コメント

レバーを押せば電気ショックから回避できるという設定も、隠された第二レベルの絵というものも、実験者が前もって恣意的に決めた事柄に過ぎない。
その事柄に気づく時が時間にわたって等しく分布する(with the moment of realization evenly distributed over time)ということは、こういう事柄に気づくかどうかは「運」に懸かっている。
今回の実験成績はこのことを示しているのではないかなぁ。

投稿: | 2005/08/23 5:47:21

おお・・・。
なにぶんにも英文が読めないので、具体的にコメントできませんが、大変示唆に富む内容に違いないことは、分かりました。頑張って下さい。
Rising Sun Rock Festivalの感想、面白く拝見致しました。
>氣志團にはストレッチが似合う。
お~、あの氣志團にも遭遇されたのですか!!
氣志團、面白いバンドですよ~。
ヴィジュアルもコンセプトも。
中でも「永遠の16歳」とのたもうている、リーダーの綾小路セロニアス翔の言動はけっこう笑えますよ。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/08/22 18:53:37

コメントを書く