« (本日)朝日カルチャーセンター 脳と音楽 | トップページ | 博士の中間発表 »

2005/07/29

脳の鏡で個性を磨く

あすへの話題 脳の鏡で個性を磨く
脳科学者 茂木健一郎

 ここ十年の脳科学における最大の発見と言えば、何と言っても大脳皮質の前頭葉で見つかった「ミラーニューロン」である。最初は猿の脳から報告されたが、その後、人間の脳でも対応する部位が発見された。
 ミラーニューロンは、その名前が示唆するように、自分の行為と他人の行為を鏡に映したように表現する。例えば、自分が手を伸ばして何かを掴む時にも、他人が同じ行為をするのを見ている時にも活動するのである。
 ミラーニューロンが注目されるのは、それが、「他人の心を読み取る」という脳の大切な機能を支えているのではないかと推測されるからである。人間の本質は、他人とコミュニケーションをする社会的知性に顕れる。ミラーニューロンは、他人と柔軟にコミュニケーションする人間の驚くべき能力を支えていると考えられるのである。
 ところで、一時期の日本では、戦後の文化風土と絡めて「個人主義の行き過ぎ」を批判する風潮があった。個性を主張するのもいいが、他人と協調することも大切だとする論者が散見された。
 個性の発揮と他人との協調が相容れないとするのは、脳科学の視点から見れば間違いである。ミラーニューロンの発見に象徴されるように、個性は、むしろ他人との関係性においてこそ磨かれる。他人の心という鏡に映った姿を通して、私たちは自分の本性を知るのである。
 激化する国際競争の時代、日本人が個性なしでやっていけるはずがない。個性と協調性は矛盾するという科学的に間違った思いこみは捨て、脳の中の鏡で大いに個性を磨こうではないか。

(日本経済新聞2005年7月28日夕刊掲載) 

7月 29, 2005 at 11:16 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳の鏡で個性を磨く:

» 昆虫にも心はあるの? トラックバック 書けばなるほどPILOT PILOT ♪
突然ですが、茂木健一郎さんは脳科学の分野において「クオリア」で有名な人です。 では細胞という物質同士が化学反応の際に発生する電気信号を介して情報をやり取りしているだけです。その電気信号の電流も電圧も、数値として計測することができますということはめっちゃ頑張れば数学や物理学でなんとか説明できそうです。 一方、私たち人間が感じてい... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 16:04:15

» 脳とクオリア トラックバック 書けばなるほどPILOT PILOT ♪
突然ですが、茂木健一郎さんは脳科学の分野において「クオリア」で有名な人です。 では細胞という物質同士が、化学反応の際に発生する電気信号を介して情報をやり取りしているだけです。ということは、人間の心は電気信号のやり取りで生まれているといってもいいはずです。その電気信号の電流も電圧も、数値として計測することができます。 一方、私たち人間が現実の生活で感じているのは生々しい質感(ク... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 17:00:26

» 自分というもの トラックバック 179×70
この年になって自分というものについて、 思い知らされることがよくある。 自分がどういった性格で、どういった個性があり、どんな癖があり、どの辺りが未熟で、どの辺りが優れていて・・・・ 今まで27年間つきあってきて、自分のことなど嫌というほど分かっている....... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 13:00:31

» マウスにもあるエンパシー トラックバック とある昆虫研究者のメモ
エンパシー(共感力)は、他個体の状況をみて、それに共感する能力です。言うまでも無くヒトはエンパシーを示す動物で、私も格闘技や映画を見て痛がっております。 エンパシーは高度な霊長類に特異的な現象であると考えられてきました。しかし、ハツカネズミでも同様の事が観察できるようです。 Social modulation of pain as evidence for empathy in mice. Science. 2006 Jun 30;312(5782):1967-70. Langfor... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 10:03:46

» マウスにもあるエンパシー トラックバック とある昆虫研究者のメモ
エンパシー(共感力)は、他個体の状況をみて、それに共感する能力です。言うまでも無くヒトはエンパシーを示す動物で、私も格闘技や映画を見て痛がっております。 エンパシーは高度な霊長類に特異的な現象であると考えられてきました。しかし、ハツカネズミでも同様の事が観察できるようです。 Social modulation of pain as evidence for empathy in mice. Science. 2006 Jun 30;312(5782):1967-70. Langfor... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 10:05:13

» 健康になる力 トラックバック 現場の歩き方(仮)
お久しぶりです、イーゲン・バスター二世です。 このごろ、天気はいいのに風邪は強くて、さらに夜は極冷えですね。 花粉もすごいことになってて、 目はかゆいし、鼻の中は炎症起こしまくるし、 頭は痛くなるしで、はやいとこ対策しないと・・・ 毎年、ヨーグルトと運動と... [続きを読む]

受信: 2008/02/26 0:05:03

» ダンスオーディションとビジネスの関係(クオリア) トラックバック これおもしろい。これいい感じ。遊び心ブログ
「So You Think You Can Dance 」というダンスの オーディション番組を楽しんでいるこうきしんです。 ヒップホップ、ブレイクダンス、コンテンポラリー、 バレー、ボールルームダンスなど、いろんなスタイルの ダンス出身者が、男女カップルになり、毎週違う... [続きを読む]

受信: 2009/01/28 8:26:08

コメント

私の友人と私には全く同じ出来事が起こることがここ数年、特に二年前くらいからきがつきはじめました
友人のご主人は大変優秀な方でしたが二年前に高次脳機能障害になり、我が家の次男も同時期にパニック障害になりました
息子が発作を起こした日は必ず友人のご主人も発作を起こしていて、そのあたりでは、「なんで一緒なの」くらいにしかお互いに感じていませんでした
その後も様々ありましたが、最近はとみに顕著に頻繁におこります
今年にはいって、ホットプレートを使用中、煙がでてきて大騒ぎになりました
二日後、友人宅の電気カーペットから煙がでて大騒ぎになりました
また、私の車を息子が運転してバンパーを傷つけ、数日後友人の車を友人の息子さんが運転し駐車中に傷付けられました
しかも修理代の金額は全く同じでした
これはミラーニューロンではないですか

投稿: | 2012/03/19 21:33:48

「フューチャリスト宣言」と「クオリア立国論」読ませていただきました。今は「脳はもっとあそんでくれる。」を読んでいます。今回、私のブログで茂木さんのミラーニューロンに関する記述を参考にさせていただいたので、トラックバックをつけさせていただきたい次第です。

今後ますますのご活躍を願っております。


投稿: シー | 2009/03/14 9:46:46

茂木さんのこのログを読ませて頂いて感じたことは、日本の教育がいかにも口先では「個性重視」などと言いながら、実際には個性をスポイルしていることに終始しているということです。
画一化された教育しかしないくせに、「個性重視」とはまったくもって笑止千万としか思えない。
よく電車の中で大学の学生募集の広告をよく見かけるのですが、それを見ていると「ケッ!そんなのは所詮うわっつらだけじゃないのか?本当は受験問題の丸暗記しか出来ない(つまり社会に出れば企業の歯車にしかならない、何かあるとその会社から捨てられるだけの)画一的な人間を大量生産するしか能が無いんじゃないのか、日本の大学というところは!」と如何しても思ってしまいます。
本当の意味で人間らしい創造的な人間をはぐくみ育てる、そういう教育が求められているにもかかわらず、実際は、“ゆとり教育”と称して九九も満足に出来ない、おまけにこらえ性の無い学力不足、精神力不足の学生たちを大量生産している実態を、文部科学省の中の、どれだけの人間たちが認識し、反省しているのか、あやしいものです。テストで競争ばかりさせて、他者とのコミュニケーションをさせないで、結局、受験勉強しか出来ない、個性が希薄な人間ばかりが生み出される、そんな日本にいま本当に必要なのは、茂木さんがこのログの中でおっしゃられたように、他者との関係性を深め、個性を涵養しつつ、磨きながら、子供達をして人間として大成させしめてゆくという「真に豊かな人間をはぐくむ教育」なのではないでしょうか。
またも長いコメントで申し訳ありませんでした。

投稿: 銀鏡反応 | 2005/09/10 21:53:30

コメントを書く