« Language policy | トップページ | ソニーコンピュータサイエンス研究所展 »

2005/07/10

人生は楽しむが勝ち

ヨミウリ・ウィークリー
2005年7月24日号
(2005年7月11日発売)
茂木健一郎  脳の中の人生 第61回

人生は楽しむが勝ち

一部引用

 アメリカについて、いろいろ言う人はいるが、その楽天主義は日本人がもっと見習うべきことだと思う。とりわけ、カリフォルニアの人々は、「人生をいかに楽しむか」という命題を大切にしている。楽天主義の力強さを、訪問する度に感じる。もちろん、様々な問題がないわけはない。それでも未来を信じて努力するのが、性根の座った楽天主義だろう。
 カルテクに近いメキシコ料理のレストランに入って、ふと周囲を見渡すと、実にいろいろな人たちがいる。肌の色も、年齢も、喋っている言葉のなまりも様々である。その人たちが、食事を心から楽しんでいる。このダイナミズムには、日本はとても叶わないなと思った。
 考えてみれば、学問も人生も、何が起こるか判らない、ごった煮の中にこそ真実がある。予想がつくような発見は、大したものではない。様々な要素を取り入れて、清濁合わせのみ、よっしゃ任せておけと楽天的に努力して、初めて大きな成果を上げることができるのだろう。そのような視点から見れば、日本人全般、とりわけ名門大学の学生たちは、いささか心配症過ぎるのではないか。
 
全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

7月 10, 2005 at 07:32 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生は楽しむが勝ち:

コメント

あなたは全く女性にもてないでしょう。

投稿: クータレ | 2005/07/10 10:00:28

コメントを書く