« 時間泥棒さん、さようなら。 | トップページ | 思考の補助線 第2回 「曖昧さ」の芸術 »

2005/07/07

(本日)東京芸術大学 美術解剖学 渋谷慶一郎

東京芸術大学 美術解剖学授業 
渋谷慶一郎(作曲家)
「現代の音楽 〜100年の視線〜」

2005年7月7日(木)
午後3時35分〜午後5時
東京芸術大学 上野校地 美術学部 中央棟
第3講義室(2F)

http://www.geidai.ac.jp/campus/ueno_campus.html

 ATAKを主宰する、作曲家の渋谷慶一郎さんを
お迎えし、現代の音楽について、100年スケールの
視点から語っていただきます。
 渋谷さんは芸大作曲科出身。一つの音を作るのに
一週間こもり続ける、現在の音楽界における
カリスマです。

http://atak.jp 

(美術解剖学の履修生でない方もどうぞご参加
ください)

お問い合わせは、茂木健一郎
kenmogi@qualia-manifesto.comまで。

7月 7, 2005 at 06:32 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (本日)東京芸術大学 美術解剖学 渋谷慶一郎:

コメント

コメントを書く