« イラスト、よろしく、ハト沼くん。 | トップページ | あすへの話題 さいしょのペンギン »

2005/07/22

(本日)第14回 三木成夫記念シンポジウム

第14回 三木成夫記念シンポジウム

2005年7月22日(金) 10時〜17時
東京芸術大学 美術学部中央棟一階 大会議室

http://www.geidai.ac.jp/campus/ueno_campus.html
 

10:00〜10:10 挨拶 司会 坂井建雄

10:10〜10:50 血管から見た身体のつくり 東京慈恵会医科大学 橋本尚詞

10:50〜11:30 咬み方が違うと神経分布の形も違う? −咀嚼筋の神経分布形態を探る− 昭和大学歯学部 中島功


11:30〜12:10 進化と副腎皮質ホルモン (車窓から見た風景)皮膚科医 高野信夫

昼食

13:30〜14:10 掛け橋としてのヴェサリウス解剖図 順天堂大学医学部 澤井直

14:10〜14:50 思い出せない記憶の意味について考える 茂木健一郎

休憩

司会 布施英利

15:20〜16:00 絵画のらしさ −コンピュータによる絵画的形態発生の可能性− 千葉商科大学 楜沢順

16:00〜16:40 表裏一体、あなた次第 打楽器奏者・東京芸術大学名誉教授 有賀誠

17:00〜18:00 懇親会

主催
三木成夫記念シンポジウム事務局
東京芸術大学 美術学部美術解剖学研究室

7月 22, 2005 at 09:13 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (本日)第14回 三木成夫記念シンポジウム:

コメント

yuminsさん
コメントありがとう。
英語は、毎日の積み重ねだと思います。
私も、まだまだ修業の過程。
英語ブログを毎日書くことを復活させたのも、
all roundで英文表現を磨こうと思って。

これから楽しい夏休みですね。
いいことがあるように、お祈りしています。

茂木健一郎

投稿: 茂木健一郎 | 2005/07/23 12:17:27

聖心の学生です。
試験の様子は蚕のようだったとのこと。
私はサナギになれず、繭も作れなかったように感じました。

英語の論文はNatureからの出題のようですが、英語の壁が痛かったです。
どうしたら、英語を克服できるでしょう?

しかし、先生の授業を受けられて、今年度の学費の分の元が取れました。
もっと、話を聞きたかったし、聞きたいことがたくさんありました。
もし、どこかでお会いすることがあれば、
絶対話しかけようと思います。
ありがとうございました。

投稿: yumins | 2005/07/22 17:14:12

聖心の学生です。
試験の様子は蚕のようだったとのこと。
私はサナギになれず、繭も作れなかったように感じました。

英語の論文はNatureからの出題のようですが、英語の壁が痛かったです。
どうしたら、英語を克服できるでしょう?

しかし、先生の授業を受けられて、今年度の学費の分の元が取れました。
もっと、話を聞きたかったし、聞きたいことがたくさんありました。
もし、どこかでお会いすることがあれば、
絶対話しかけようと思います。
ありがとうございました。

投稿: yumins | 2005/07/22 17:12:56

コメントを書く