« (本日) 世界一受けたい授業 | トップページ | (本日) 科学の恵み 第2回 »

2005/07/17

科学の恵み その1

レインボーブリッジを渡る時は、
いつもどきどきする。
 歩道を行く人はいるかな、と思って
みていたら、カップルと男の人一人がいた。

 遊歩道は全長1.7kmということだから、
ゆっくり歩いて30分くらいだろうか。
 ループ部分が特にどきどきするように
思う。
 
 お台場のメディアージュの
「ソニーコンピュータサイエンス研究所展」
で30分
 『科学の恵み』というタイトルで話す。

 子どもの頃の昆虫採集の思い出から
始め、自然の中で昆虫をとることが
いかに「扁桃体」を鍛えることか、
という話をし、
 それから、「科学することは他人の心を
思いやることに似ている」という
話をした。

 質問も活発で、脳のことなども
いろいろ話した。

 テレビマンユニオンの花野剛一さん、
筑摩書房の伊藤笑子さんとビールを飲みながら
遅い昼食をとっていたら、
 どんどん体調が悪くなる。
 influenzaというよりは、coldである。
 
 これはだめだ、と帰宅して眠った。

 8時前に起きて、『世界一受けたい授業』を見る。
 日本テレビの竹下美佐さんから、
楽しい授業になった、と聞いていたけれど、
 なるほど、細かい画面のつくりこみなど
職人芸である。

 再び眠って、久しぶりにBig Sleepと
なったが、喉が痛い。
 ゆるりゆるりと今日もお台場に向かうこと
とする。

The Qualia Journal
The Blessing of science
http://qualiajournal.blogspot.com/2005/07/blessing-of-science.html

7月 17, 2005 at 10:17 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学の恵み その1:

コメント

 早く良くなる事を願ってます。お大事に。

投稿: cosmos | 2005/07/17 15:06:03

コメントを書く