« 博士の中間発表 | トップページ | 思い出せない記憶よ、ありがとう »

2005/07/31

オペラとミュージカルを区別するもの

新国立劇場に「ジークフリートの冒険」
を見に行った。
 真面目にやれば上演に16時間かかる
「ニーベルングの指環」を再編集したもの。

 ダイジェスト版とばかり思っていたが、
実際にはストーリーを全く変えてしまった
別物だった。ただ、音楽は
「ニーベルングの指環」のモティーフを
使っている。

 会場の半分くらいは小学生低学年
くらいの子供たちで、
 彼らにもわかりやすいストーリーに
なっていた。
 ジークフリートが、ブリュンヒルデに
求婚するために、ラインの黄金からつくった
指輪をファフナーから奪うのである。

 それで、最後にラインの乙女たちに
責められて、ブリュンヒルデに、愛さえ
あれば指輪なんていらないわ、と言われて
ああ、そうか、と指輪を返して、
 めでたしめでたしで終わる、
というストーリーになっていた。

 こっちは原作をよく知っているから、
どうしてもそっちの方を思い出してしまうが、
 その点を忘却してしまえば、
善し悪しは別として、
 一つのミュージカルに見えた。 
 ミュージカルとしては、良く出来ていた。
 それで、ミュージカルとオペラを区別
するのは、音楽だけではないと気付いた。

 「ニーベルングの指環」における
大切なテーマ、たとえば、政治的権力を
得るためには、愛を断念しなければならない
とか、 
 自分自身の過去に束縛されて、次第に
自分が当事者としての責任を果たせなくなって
きた時に、開かれた唯一の道は
 自己否定をして他者に譲ることでしか
ないとか、
 そういうところまで掘り下げることは、
子供むけのミュージカルではできない、
と今回の主催者は判断したのだろう。
 
 結局、ワグナーの音楽を使って、現代の消費社会
の中でなんの抵抗感もなく受け入れられる
ミュージカルを新国立劇場はつくったわけで、
 そのことが、子供たちを
より深い「オペラ」の世界に
導くきっかけになるのかどうか、
 私には判らない。
 
 生や死の本当にきついところには踏み込まないで
その場限りの「ちょっとした感動」を与えて
消費されていく「ミュージカル」フォーマットは
はいかにも現代的である。
 しかし、子供にそのような「予定調和」を超えた
何かを感受する能力がない、と思い込むのも
また大人の勝手な仮説ではないか。

 より広い聴衆に手を伸ばそうという新国立劇場の
意志は多とするが、
 可能なことならば、「本物の感触」を少しでも
提示してほしかった。

 子供にだって、本物はきっとわかるんじゃ
ないかと思う。
 野心的な試みに心からの拍手を送りつつ、
そのことだけは書き記しておきたい。

The Qualia Journal
Making "musical" out of the "Ring"

7月 31, 2005 at 09:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オペラとミュージカルを区別するもの:

» ニーベルングの指環 トラックバック t...
今日、上演芸術史の授業で、魔笛と ニーベルングの指環の一部(第三幕のはじめ?)をみた。 今までオペラを見たことがなかったのだが、とても面白かった! ビデオを見る前に、先生からおおまかな人物紹介とストーリーを聞いたのだが、それだけで映像に引き込まれて感動していた。 良いものは、たとえよく分からなくても、感動は伝わると思う。... [続きを読む]

受信: 2005/11/12 23:45:36

コメント

無償の愛は理想だか、それは現実にはあり得ない。
何が真理なのかは、結局ハッキリとは分からない。
その中でもがき、近づこうとしているのは分かる。
たとえ、見つけたものが、思っていたものとは、全くの別物であっても。
100年目の今でも、その意志の本質は理解されているはずだ。
そうでなければ、絶対的な尊敬はあり得ない。
チャタレ婦人の恋人を理解して乗り込んできた一人の女子高生がいた。
作者はそれで十分だった。十分救われた。
子供だって、言葉でうまく表現できなくたって、
大人以上に感じているのは確かなようだ。
小学生の吸収能力を見てみれば分かる。
私達は結果、偏見のコレクションを見に纏った老いぼれた子供なのだから。
それで、いいではないか、2000年前も今も絶対的な救いは無いのだから。

投稿: | 2005/08/01 14:15:19

 お久しぶりです。これは個人的な印象に過ぎませんが、新国立劇場による主催公演には、ある特定のつまらなさを感じることが多い気がします。“本物”を素材とすること自体がどこか言い訳めいたフェイクにも近い身振りとして呈示されてゆく。そうした、どの目にみても出演者や舞台装置が派手なだけで水準の低い(と個人的には思える)表現に対して、万雷の拍手が鳴りやまない。というような事態に見舞われるたびに、茂木さんが以前よく仰っていた、芸術における文脈主義的/「村上隆」的まがまがしさにも近しいものの隆盛に、呆気にとられる思いがする。

 その一方で、当の新国立劇場の中・小劇場を主な会場とする間借り公演においては、“本物”を感じさせる舞台が比較的数多く催されているにもかかわらず、そうした公演はだいたいにおいて閑古鳥が鳴りがちであまり注目されることはない。だからこのことは、単にいまの新国の制作姿勢のみに帰することのできる問題ではないだろうとも。そのような制約のなかで、きっと関連のスタッフも大変な苦心を重ねているのだろうと想像します。というわけで私のなかでは新国の主催公演=無い袖をがんばって振るには値しないスノブな舞台というイメージが組み上がり、あまり足を運ばなくなっています。実際に観てないのに何を言うか、と怒られそうですが。

 子供にだって、本物はきっとわかるんじゃないか。その通りだと思います。傍目には金儲けオンリーの興業企画であっても、舞台であればそこにただ一瞬、展覧会であればただ一点だけでも本物の表現が成立していれば、そのことを最も深刻に受けとめるのは存外、余計な知識をなにも与えられることなく連れてこられた子供の方なのかもしれません。けれどべつに子供でなくたって、ほんとうに希求しているのはその一瞬、その一点ではないかとも思うのですけれど。それが見過ごされがちなのはほんとうに、つまらない。

投稿: とろ | 2005/08/01 7:24:18

コメントを書く