« 意識とはなにか 5刷 | トップページ | 田谷博士誕生 »

2005/07/28

突き抜けたはちゃめちゃさを処方

 一日中誰にも会わずに机に向かって
仕事をしていた。

 人に会うのも好きだけど、一人でいるのも
好きだ。
 現状ではなかなか難しいが、
10日間くらい、山ごもりして仕事
してみたい。

 やらねばならないことと言っても
二種類あって、
 外から締め切りがきてそれに合わせて
やるものと、
 自分の中で「これはやらねばならない」
と決めることがある。
 前者は社会との関係において大切であり、
後者は自分の内面にとって大切である。

 籠もっていると、後者の方を次第に
思い出していく。
 やはりメリハリが大切なのだろう。

 夏本番だが、
 清涼剤としてファインマンを思い出した。
 Surely you're joking, Mr. Feynman
のことを思い出すと、口元に微笑みが
浮かぶ。

 たとえば、精神科医の面接を受けて、手を
出して、と言われて、片方をpalm upで、
もう一つをpalm downで出すところなど
傑作だ。

 突き抜けたはちゃめちゃさを自分の人生に
一服処方することとしよう。

The Qualia Journal
Surely you're joking, Mr. Feynman

7月 28, 2005 at 07:34 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突き抜けたはちゃめちゃさを処方:

コメント

コメントを書く