« クオリアとリアリティ | トップページ | 「自分にとって」と「世界にとって」 »

2005/06/05

東京人 明治神宮の光の川

東京人 2005年7月号 6月3日発売
随筆 
明治神宮の光の川 文・茂木健一郎/

一部引用

 北参道に「光の川」が出来るということに気が付いたのは、ある夏のことである。その日、私は原宿から青山に抜けて、服を買おうとしていた。鳥居を抜け、ふと気付くと、北参道の玉砂利の上に光の川が出来ていた。ちょうど太陽が南中する時分で、差し込む太陽の光が参道の中央だけ両側の木々に遮られずに、白い砂利の上にうねうねくねくねと続いていた。
 こんなところに光の川がある! 少し子供っぽいなと思いながら、私はその流れの中をどんどん歩いていった。そのうちに、神宮の森がとぎれて、私は光の海に出た。
 神宮の森に源流を持つ光の川があり、それが流れ込む海の中に原宿や青山は浮かんでいる。あの日以来、そんなイメージができた。

全文は「東京人」でお読み下さい。

http://www.toshishuppan.co.jp/tj_new_0507.html 

6月 5, 2005 at 03:20 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京人 明治神宮の光の川:

コメント

コメントを書く