« 脳と仮想 4刷 | トップページ | 東京大学講義 心脳問題 »

2005/06/23

ぼくはがんばります

早稲田大学国際教養学部の授業は、
研究所の同僚の張キさんに
 Visual Systemの講義をしていただいた。

 張さんは中国出身なので、教室で、
中国の出身者がいるか、と聞くと、
3人の学生が手を挙げた。

 張さんの講義は、大学院レベルで、
ちょっと難しかったが、
 とても熱心に、ポイントを衝いた
質問をしてくる学生がいる。

 授業が終わった後で聞いたら、
 スイスの寄宿舎学校で学んだ後
早稲田に入学したとのこと。
 super excellentな感じである。
 彼女のような学生は、宝物だろう。

 いつも質問して、返ってくる
答えが楽しい、HedinやRoyを含め、
 国際教養の学生たちにも慣れ親しんできた。
 しかし、授業も後半戦である。

 授業が始まる前、「aha! pictures」
で信じられないほど良いパフォーマンスを
見せてくれた政治経済学部のYu Taniguchi君に、
aha! championの賞品として、『脳と創造性』
をプレゼントした。

 急いで駒場に移動、池上高志がやっている
広域科学、認知オムニバスの授業。
 パワポなし、板書のみ。
 久しぶりに、心脳問題の核心について
思ったことを言えたので、楽しかった。
 学生からも、いろいろ鋭い
質問が。
 池上研の佐藤君とか、川戸研の中島君とか。
 Picsy/ 池上研の鈴木健とも久しぶりに話す。

 一番伝えたかったのは、neural correlate
という概念をもっと真剣に考えよう、
ということである。

 渋谷慶一郎/マリア夫妻も来て、
 みんなで渋谷のBYGへ。
 芸大の藤本徹、植田工や、
電通の佐々木厚さんも来た。
 池上研のやつらとか、中島とか、
イキのいいやつらと喋って面白かった。

 BYGに集っている、駒場のやつらとか、
東工大のやつらとか、芸大のやつらとか、
チャンプルーなやつらとかを見ながら、
 ああ、これがオレの人生を取り囲んで
くれているヒトタチなのだなあ、
と思った。
 
 ぼくはがんばります。

6月 23, 2005 at 09:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくはがんばります:

» 私と荒木とハード(想像に任せる) トラックバック Diary of 孫悟空
親愛なる悪友のネタではなかったことを記念して [続きを読む]

受信: 2005/06/23 23:22:40

» 東大駒場講義 2005 トラックバック もぎけんPodcast
システム科学特別講義 2「心脳問題」  今日は、  せっかくの母校での授業だし、... [続きを読む]

受信: 2009/10/07 23:31:20

コメント

コメントを書く