« 東京から一時間 | トップページ | 「ひらめき」には時間がかかる »

2005/06/21

神戸経由東京

 のと穴水まで、赤木明登さんに送って
いただき、
 和倉温泉でサンダーバードに乗り換え、
新大阪から新幹線で新神戸へ。
 
 車窓からの景色はちらちらとだけ見る。
ずっと仕事をしていた。

 兵庫県農業会館で、兵庫県保険医協会の
お医者さん方約200名を前に
お話する。
 広川恵一先生と、高山忠徳さんに再会する。

 終了後、清水映二先生もご一緒して、
食事に行くことに。
 その前に、タクシーを止めて、
「ビーナス・ブリッジ」に行くという。
 レインボウ・ブリッジのような
ところかと思っていたら、
 山の中だった。
 くるくると回る歩道橋があって、
そこにカップルの名前を書いた
鍵がびっしりと付けられている。

 幸せになるのだそうである。
 眼下には神戸が一望できる。
 晴れれば和歌山まで見えるらしい。

 そこから、三ノ宮に向かってひたすら
降りた。
 辿り着いたのは、広川先生の行きつけの
バリ料理屋だった。
 ガムランが流れる中、全てがうまい。
 医療の現状についての広川先生と
清水先生の熱い議論を聴きながら、
 ナシゴレンを堪能。
 BINTANGビールは久しぶりに飲んだ。

 明けて東京に向かう。
 研究所でミーティング。
 そこから、三菱総研に向かう。

 三菱総研ビルの中に日経サイエンスの編集部も
あるので、
 何回か来たことがある。
 しかし総研そのものは初めてだった。
 研究会で話す。
 
 帰路、さすがにほっと一息。 
 忙しいのはありがたいことなのだろう。

6月 21, 2005 at 08:37 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸経由東京:

コメント

コメントを書く