« 意識の流れ | トップページ | 「愛国無罪」は本物の愛か »

2005/05/22

白洲信哉のおもてなし

夕刻、白洲邸にでかけた。
インデックス・マガジンの
 wa.sa.bi.が「白洲信哉のおもてなし術」
の取材をするというので、
 私はもてなされる役を務める
というわけである。

 とは言っても、白洲さんが刺身を
持ってほら、と見せているところをのぞきこむ、
など写真を2、3枚とっただけで、
 あとは普通に酒を飲んで喋っていた。

 生のシラスの酢の物、大きなスズキを
一夜干しして炭火で焼いたもの、
 スズキの刺身、スズキのキモの
串焼き、コノコ、コノコおにぎり、
鱧しゃぶ。
 うまい。もっと気の利いた言い方を
したいけれども、 
 とにかくうまい。 
 鮮烈な味の記憶が残っている。

 「本居宣長」のお銚子で、
井戸のぐい飲みで飲んだ。
 熊谷守一の「喜雨」を鑑賞し、
その後、最近手に入れたという
 宗達の「軍鶏」の絵を見せてもらった。
 久しぶりにゆっくりと楽しかった。 
 
 白洲信哉が、Men's Exに
6回連載した英国旅行記を読んだ。
 白洲次郎さんはケンブリッジに、
そして信哉さんはロンドンに遊学している。
 何となく、イギリス好きというのは気が合う。
 もっとも、信哉さんがロンドンで訪れている
John LobbやClaridge's には私は縁が
なかった。

 シンデレラの時間をとっくに回ったので、
帰ることとした。
 「私も戻ろうかな」
と立ち上がった白洲明子さんがもっていた
緑の小さなポシェットがかわいかった。

5月 22, 2005 at 09:56 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白洲信哉のおもてなし:

コメント

「ボクらの時代」見終わってから、すぐPCに向かい番組のHPを探しました。上野で酒盛り・・云々日記でした。茂木氏のインターフェースの良さにマジシャンかかったセンテンスが次から次へと飛び出し(笑)白州氏の恥ずかしがり屋さんなのにスゴク自分を主張してくるギャップ私の中では、不思議な存在「星の王子様」を読んだ後の感じですか(微笑)きっと、ご一緒に「日本酒」を飲んだら さぞ美味たる「つまみ」となろう話しを沢山披露して下さるのでしょうね。楽しいお二人の「噛み合ってるのか合ってないのか」の会話に、久しぶりに感動しました。

投稿: | 2007/07/02 22:23:27

うむ~。
柳宋悦は、やはり偉大でしたね。
一般庶民の使用する物に美を見いだしたのだから。

今のこの時を生きる私は、今の「美」を探したいと思います。庶民価格のをね!
過去のものは高価になりすぎだもん~。

日常に使えて、そして安値で美しいが私の理想。
過去の誰かの基準で価値を得た物でない、今の自分の「美」を探したいです。

茂木さんにはそのような基準が、おありなのでしょうか?

投稿: | 2005/05/23 0:07:09

コメントを書く