« 60 | トップページ | スポーツの輝きに託される思い »

2005/05/09

聖地の森にて

 母、元気になってきた。
 しかし、今週に胆石除去の(内視鏡)手術が
予想され、
 山場はこれから。
 子供の頃蝶をおいかけた神社で、
「病気平癒」のお守りをもらう。
 考えれて見れば、あの神社の森は
私のものごころついた人生の
最初の日々を育んだ聖地である。

 Meanwhile 増田健史の原稿進める。
 こちらはdeadlineとの緊迫。 
これから仕上げにかかる。
 終わっても、
 他にもいろいろ仕事あり。
 とにかく走ります。
 自分の身体も気を付ける。 

5月 9, 2005 at 03:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖地の森にて:

コメント

お母様の快復を
無力な私は心して祈るのみです。

命は尽きるものと冷静に思っていても
なかなか、自分の身に引き寄せることは難しいです。

私は父を亡くした後に、初めて
「こころに生きている」の言葉を理解しました。

投稿: coco | 2005/05/10 1:01:10

昨日は十分な状況理解もできずに、勝手な内容のメールをしてしまったことを、お詫びいたします。
十二指腸乳頭部からのアプローチか腹腔鏡によるものか・・・いずれにせよ  お体への負担が最小限で終了し、早期に回復できますよう。

投稿: いの | 2005/05/09 17:54:08

コメントを書く