« 白洲信哉のおもてなし | トップページ | 九州大学 講演会 »

2005/05/22

「愛国無罪」は本物の愛か

ヨミウリ・ウィークリー
2005年6月5日号
(2005年5月23日発売)
茂木健一郎  脳の中の人生 第54回

「愛国無罪」は本物の愛か

一部引用

 基本的に利己的な脳の働きが、例外的に「利他的」になるのが「愛」であると、科学者たちは考えている。進化論の枠組みにおいては、血縁関係にある者どうしの利他主義が研究されてきた。お互いを助けることで、一見自分にとって不利に見える状況の中でも、結果として自分の遺伝子が残る結果になるのである。
(中略)
 仲間への「愛」が、他者への反発や攻撃に転化する時、もはやそれは「愛」以外の何ものかに変質してしまっている。愛国心はあくまでも同胞に対する助け合いの精神が本義であって、他者への攻撃性となって現れる時、それはもはや科学的に言えば「愛」ではないのである。

 
全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

5月 22, 2005 at 12:01 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「愛国無罪」は本物の愛か:

» 僕はDNAの奴隷。 トラックバック 金融日記
投資銀行での僕の任務は利潤の追求だ。 株主が僕に払った以上のお金を僕が生み出せば会社はハッピー。 僕が僕の給料以上に金を稼げないと会社が判断すれば僕は会社から追い出される。 僕がいつも僕の給料以上に金を稼げば会社は僕を賞賛しあの手この手で囲い込む。 ただ... [続きを読む]

受信: 2005/05/31 21:41:21

コメント

コメントを書く