« りんご1個 | トップページ | 千葉県精神科医療センター開設20 周年記念学術集会 »

2005/05/28

名作ブックレビュー 小林秀雄の「奇跡の年」

週刊新潮2005年6月2日号(通巻2499号)
p.134

茂木健一郎 小林秀雄の「奇跡の年」
小林秀雄『モオツァルト・無常という事』

一部引用

 昭和17年は、小林秀雄の「奇跡の年」であった。
 「当麻」、「徒然草」、「無常という事」、「西行」と珠玉の随想が次々と雑誌「文學界」で発表された。これらの作品は、散文の精華として永く読み継がれていくだろう。
 前年の12月、日本はアメリカと戦争を始めていた。戦後、「利口な奴はたんと反省するがよい。私は馬鹿だから反省などしない」と嘯いた小林が、いったいどんな覚悟を秘めてこれらの文章を綴ったか。作品に全てを語らせ、後は黙するという芸術家の矜持がそこにある。

 全文はただいま発売中の「週刊新潮」で。

5月 28, 2005 at 02:39 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名作ブックレビュー 小林秀雄の「奇跡の年」:

コメント

コメントを書く