« 聖地の森にて | トップページ | 『脳と創造性』 講演会(本日) »

2005/05/09

スポーツの輝きに託される思い

ヨミウリ・ウィークリー
2005年5月22日号
(2005年5月9日発売)
茂木健一郎  脳の中の人生 第52回

スポーツの輝きに託される思い

一部引用

 それでも、スポーツが素晴らしいのは、ルールがルールとしてきちんと決まっていることである。どんなにエキサイトしても、ルールに従ってきちんとプレイしなければならない。悔しくても、負けは負け。試合終了の合図とともに、負けを認めて気持を切り替えなければならない。ルールが決まっているからこそ、私たちはそれを受け入れる。
 脳の働きから見れば、これは奇跡的なことである。情念に駆り立てられ、予測不可能なことをしてしまいそうになっても、有無を言わせぬ壁として、ルールが立ちはだかる。むしろ、ルールが不磨の大典として存在してくれているからこそ、私たちは安心して情念に身を任せることができるのである。
 少年時代、草野球をやっていて、試合に負けて悔しかった時も、「ルールだから仕方がない」と自分に言い聞かせることが、どれほど教育的なことであったか。当時はそんなことは思いもしなかったが、時に情念が暴走する現実世界の有り様を見ていると、スポーツの「発明」が人類にとってどれほど素晴らしい福音であったかと改めて思う。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

5月 9, 2005 at 03:30 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツの輝きに託される思い:

コメント

コメントを書く