« 脳科学はより良く生きるためのツールだ | トップページ | ネットワーク思考の可能性とその限界 »

2005/04/09

インテリジェンスダイナミクス

ソニー10号館で
土井利忠さんのソニーインテリジェンス
ダイナミクス研究所のシンポジウムを聴く。
伊藤正男、正高信男、下村秀樹、銅谷賢治、
國吉 康夫、佐部浩太郎。

伊藤先生のお話の後で、会場の一番後ろから
真っ先に質問したら、
その後柳川透が立ち上がって質問したので
あせった。

こっちは百戦錬磨だが、
修士一年に入ったときはあんなにかわいらしかった
トオルくんが、こんなでかいシンポジウムで
立派に質問している。
さらに、関根崇泰まで質問したので、
大いに驚いた。

話はみんな面白かった。ノート2頁分の
アイデアができたなり。

昼休み、東工大、茂木研OBでホンダに就職した
長島久幸と、M1に入った星野英一をふくむ
8名でふらふらと品川プリンスの方に歩いていった。
あれだけの人が来ていると周辺の食べもの屋は
全部混むだろうと思ったからである。
それと、品川プリンスに新しくできた
水族館のオープン日だったので、その様子を
見たいという気持もあった。

38階で鉄道を見下ろしながらみんなで寿司を
食べ、
降りてきたら午後3時のオープンを前に
だーっと人が並んでいた。
あんなところでイルカのショウをやってしまう
というのだから、画期的である。
いったいどんなところなのだろう。

シンポジウムは大成功でしたね。土井さん
はじめ、インテリジェンスダイナミクス
研究所の皆さん、お疲れさまでした!

長島は普段は宇都宮にいる。今日は実家に
泊まるというので、
久しぶりにみんなで五反田の「あさり」に行った。
あさり名物のお兄ちゃんの顔をみて、長島が
「おお、なつかしい!」と言った。
長島、柳川、小俣圭は同期で、私が東工大で
客員を始めた時の一期生である。
修士に入ってすぐ、Kandelの内容について
テストとかやったなあ、と昔話。

じゃあ、長島が「先輩風を吹かす会」を
定期的にやろう、とその場で決定。
長島に限らず、OBは「先輩風を吹かす」特権を
持つことにする。
ただし少しおごること。

おごれるものは久しからず。春風が
本当に気持ちいい毎日だけれど、
満開の桜もすぐに散る。

今週末は火急の仕事をいくつか抱えているなり。
桜を見るのはジョギングに出かけるときくらいに
なりそうだ。

4月 9, 2005 at 07:38 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インテリジェンスダイナミクス:

コメント

コメントを書く