« 小さきものたちにこそ、地上は支えられ | トップページ | 桜が記憶させる柔らかな時間 »

2005/04/03

幸島の恵み

春の旅行で宮崎に来た。2泊3日。
 初日はフェニックスリゾートに泊まり、
オーシャンドームの人工波の中で泳いだ。
 2日目は、まず鵜戸神宮に参拝、
運玉を投げたが入らず。
野生馬のいる都井岬まで下り、
 それから戻って、「イモ洗いの猿」
で知られる幸島を舟でぐるりと巡った。

 宮崎から日南海岸を南に下れば下るほど、
自然の気配が濃くなり、人為はまばらになって、
世界というのはこんなにも神々しく、
 そして美しい場所だったのかと、
改めて自分の日常を振り返る。

 大都会で仕事をしている中で
出会うものたちの中で、
 私が「こざかしい」「品性下劣」
「勝手にサラセン帝国」と怒る作品群は、
つまり、もともとこの地球上にあった
自然の流れにつながっていないのだな、
と納得する。
 それに対して、素晴らしい作品たちは、
一見それが離散的で人工的なものであるように
見えても、必ずや海に下っていく山々の
稜線の織りなす精神につながっている。
 その内なる補助線を私の魂も感じているのだ。

 幸島だが、「イモ洗いの文化が伝わる」
とか、そのニューエージ的展開である「100匹目の
猿」とか、そのようなものから連想されるものと
全く違った代物であったことに愕然とし、
感動し、そして反省した。
 
 周囲4キロのこの幸島は、僅かな砂浜を除けば
海からいきなり岩場を経て丸く隆起した
山林があり、こんなところに猿が住んでいるのか、
と疑問に思うくらい、コンパクトに峻厳とした
島容であった。

 親切な漁師系のおじさんの解説から私が
咀嚼するに、
つまり、人間が与えた「イモ」を洗って
食べるなどということは、この峻厳たる島で
暮らす猿にとっては、例外的なこと
なのである。
 本土側にある京大霊長類研の常駐ステーションの
研究者が、個体識別や体重測定のために
「小麦」をまく以外には、基本的にこの島の
猿は人間が勝手に規定する「文化」などとは
関係のない世界で生きている。

 さらに言えば、イモ洗いの文化などを
特に問題にするまでもない豊かで複雑な
 文化があることは、
 岩場で魚をとらえてむしゃむしゃ食べている
猿の表情を見ていれば、容易に想像できた。

 テレビ局のクルーは、島に一カ所の
砂浜でイモ洗いをしているところを
喜んで撮影していくという。 
 なんと文明にアタマが毒された人間たちは
愚かなことか。
 もっと他に撮るものがあるだろう。
 現地に来て自分の思いこみを反省し、
シナリオを変えるくらいの芸当ができないのか。

 京大霊長類研の研究者たちも、
イモ洗いなどは、猿の文化のきわめて
artificialな一部分に過ぎないということを
十分知っているに違いない。
 宣教師たちが、「土人」がナイフと
フォークを使って食べた、と喜んでいる
ようなものだ。

 幸島には、2種類のコウモリが住むという
洞窟があって、
 海面からすぐのところに、
 黒々とした入り口を見せていた。
コウモリたちの世界と、猿たちの
世界が交錯することはあるのだろうか。

 小さな砂浜、波が砕ける岩場、
こんもりと盛り上がった山の斜面に
生える木々。コウモリの住む洞窟。
 幸島は、コンパクトな中にも
様々な表情を見せて、
 約100頭の猿が厳しくも宇宙の魂に
つながって生を送るのに必要にして十分な
世界がそこに成りたっているように見えた。

 幸島の恵みは、きっと現代の文脈から
遠く離れたところにある。

 幸島の後に訪れた
 青島は以前に一回来ていて、
どんなに素晴らしいところか知って
いたので、
 確認するために一巡りしたが、
やっぱり良いところだった。
 今回はまるで人工物のように見える岩を
デジカメで撮影して回ることに集中していた。

4月 3, 2005 at 07:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸島の恵み:

» 「野生の猿たち」 トラックバック 坂道をのぼりながら
お正月なのに朝早く起きて、 近くのバス停に向かった。 お正月は、炬燵に入って、 いつもダラダラと過ごしているので、 僕にしては珍しい行動パターンである。 目的は、「幸島」へ行くこと。 幸島は、宮崎県の串間市にある、 太平洋に浮かんでいる島である。 以前、茂木健一郎さんのクオリア日記で、 幸島のことが取り上げられていて(「幸島の恵み」)、 そこで書かれていることに感動した。 そして、いつか行ってみたいなあと、 ずーっと思っていた。 宮崎県日南市は、僕の地元だけど、 幸島には、「イモを海水で洗... [続きを読む]

受信: 2008/01/04 16:19:14

コメント

skyさま、horikawaさま

本当に、あの辺りは素晴らしいところですね。
良い故郷をお持ちになって、うらやましく思います。
私の母は北九州出身なので、子供の頃からよく九州各地に行っていましたが、
日南の自然には独特のすばらしさがあると感じます。

またぜひ、日南に伺いたいと思います。
特に、幸島には本当にしびれました!

投稿: 茂木健一郎 | 2005/04/04 8:28:59

茂木さんが私の町、日南海岸に見えたことに感激してます。
私の長年住んでる当たり前の田舎、私自身も見直してみようと思いました。
日南で茂木さんのクオリア日記毎日拝読してる私です。

投稿: horikawa | 2005/04/03 23:34:10

「人工物のように見える岩」には、「鬼の洗濯岩」という名前が付いていて、その由来は、岩の形が洗濯板に似ているところから来ているそうです。僕は、宮崎県日南市出身にもかかわらず、幸島にも都井岬にも行ったことがないので(反省;;)、今度、地元に帰ったときには、(今さらですが・・・)ぜひ行ってみたいと思います!

投稿: sky | 2005/04/03 21:34:33

コメントを書く