« 脳と癒し | トップページ | 美と真実の前に跪く »

2005/04/16

思ったことを口に出し、真っ先に手を挙げよう。

先日、六本木駅で乗り換えをしていて、
エスカレーターの右側(周知の通り、東京では
左側に人が立ち、右側を急ぐ人が歩く。大阪では
逆)を歩きながら、週刊文春を読んでいたら、
突然、後ろから大きな声が聞こえた。

 Hey, read your magazine later! I am in a hurry.

 一瞬、なんやねんと思ったが、後ろを
ふり返ると、
 雲を突くような大男がいる。
 アメリカ人である。

 実は、私はかなりのスピードで歩いていた。
つまり、二宮金次郎だったのであって、
 彼も同じスピードで歩いており、
急いでいたとしても、迷惑は受けていないはずだ。

 いずれにせよ、私は、すぐさま
 I AM walking. You see.
と答えた。
 すると、彼は、さらに、
 I know. But you can read your magazine later.
と言った。

 ちょうどその頃エスカレーターの乗り換えになった
ので、
 私は彼に道をゆずった。
 そうしたら、彼はのっしのっしと先を
歩いていて、
 私はその後を相変わらず二宮金次郎だったのだが、
 結局、同じ時刻に乗り換え口に着いた。

 このエピソードを面白いと思ったわけは、
その人が思ったことを瞬時に口にしたことで、
 実は少しはむっとしたけど、基本的に好意を持った。

 思ったことをすぐに口に出せる人は、
きっといい人だと思う。
 計算とか、見栄えとか、そんなことよりも、
衝動が先に来てしまうのだ。

 ノーベル物理学賞を受賞した
リチャード・ファインマンの自伝
 『ご冗談でしょう、ファインマンさん』
の中に、面白い話がある。
 大学時代に、講堂に催眠術師が来て、
催眠術をかけられるボランティアを募集した。

 ファインマンは、これはてっきり満場の
学生たちの多くが手を挙げるに違いない
と思い、気が気ではなかった。
 それで、司会をやっていた教授が、
「さて、誰かボランティアはいないか・・・」
と言いかけると、
 ファインマンは、大声で「Meeeeeeeeee!」
(私私私私!!!!!!)
と叫んで手を挙げた。
 
 ところが、会場で叫び声を上げたのは
実はファインマン一人で、
 静寂の中に大声が上がることになったのである。
 教授は、苦笑いして。
 Yes, Mr. Feynman. I knew you would volunteer.
I was wondering if ANYBODY ELSE would also
like to volunteer と言ったのである。

 (記憶で書いているので、正確なところは
本を読んでください)

 ファインマンは、いい人だったに違いない。
 うだうだ考えないで、手を挙げちまえばいいのである。

 みなさん、思ったことは口に出してしまい、
真っ先に手を挙げてしまう人になりましょう。
 そういう人が少なすぎるのが、日本の
問題点であると愚考します。
 さて、私は大阪に向かいます。ごきげんよう。

4月 16, 2005 at 06:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思ったことを口に出し、真っ先に手を挙げよう。:

コメント

本当のところが分っていてそれを口にすると・・・
エゴ丸出しね、さみしい人ね、なんて言われます。
人におもねず、これが今の形だ、とぶつかったときでも、独りよがりの決め付けだと怒られます。

でも
自分に偽りがないとき、そんなリアクションも結構小気味良かったりします。
だって正直な反応が返ってきたんだもの
初月給で買ったものを手にしたような新鮮さがあります。

日本に哲学者がいないのは、リスクへの恐れから、真情を語る快感を味わうことができなかったからでしょう。

投稿: 西山 | 2005/04/19 0:55:39

>足りない知識は、、、(能力は、、、)

心の問題とかに、本当は知識て必要ではない様にも思いますが(設計とか物理的な内容には必要でしょうが)中途半端な知識が変な所に作用しませんか?

知識ではなくイロイロナ経験でしょう。能力が無ければある人に比べより以上の経験を学びます。これはマサニ逆に以上の骨身にしみ学びますね。(ここから知識も得ますが、其れ以上を教わりますね。)

それと、有名、無名もあまり意味を持たない様にも感じます。これからは特にそうなるべきでしょう。なりますね。
その道具を皆手にしたんです。

奇人、変人結構ではないでしょうか?変態ではありませんから!自分に正直と言う事ですね。そうなれるのも思い込みのおかげですが。これが重要でしょう。其れを砕くのもコミニケーションをする意味でもありますね。そうでないと

自分の事は本当にわからないんです。自分の中だけではわかるはずがありません。「天動説から地動説」ですね。
でもなかなかその「コミニケーション」が進まない。
当然文章のまずさ故なんですが。

知識ではなくどう感じるのか、と思うんですが。
文章にするとホント生意気になりイヤですが。
と大きく生意気に手を挙げてみました。
長くなりました。では、、では、、

投稿: tkz | 2005/04/18 2:49:35

一般人はそれなりな名前がついてないと信じなくて、同じことを有名人が言えば絶賛します。

よーくわかります。そういう体験沢山します。
私はだから異端児、変人扱いされます
いつも本音はやめようと思うけどそんな変人いていいやと思いつつ・・
ジャ~私の発言誰かに届いた? 愚問
やはり異端児扱いで終わる事が多いです
でも良い本当の友人沢山できました

難しい選択肢
私は毎日して生きてるのかな
無名って悲しいけど
それでもいいんです
自分をごまかして?生きれないですから

本当に体力要りますよね

投稿: horikawa | 2005/04/17 9:06:20

これまでの経験から、言いたいことや事実のうちの多くは言ってしまったら攻撃されるとわかりました。
一般人はそれなりな名前がついてないと信じなくて、同じことを有名人が言えば絶賛します。
ただ事実を言うのに並の体力では無理です。
まして私は体力が強いわけでなく数度の過労の名残があります。
自分は精神的にもおかしくなっているようだと感じることもあります。動きたくても動けない時があります。もう頑張るのはやめたい。

投稿: K7 | 2005/04/17 8:13:57

東大卒だとかものすごい攻撃に耐える体力のある人だけというところではないでしょうか。

どうしてでしょう?
東大卒?ものすごい攻撃に耐えられる人?

人間何十年も生きてると色んな疑問点、矛盾点だらけにぶつかります。
日本社会は「赤信号皆で通れば怖くない」的教育がなされた感がゆがめない今日に気づいてるはずの私達。
どうして少数派の意見を尊重する姿勢がないのでしょうか?
建前が多すぎる我々大人。
本音で語れば異端児扱いされる
もう我々も本音をぶつけて生きてもいいのではありませんか?
どうして東大生でなきゃいけないんですか?

一個人のこれまでの人生観を本音で語れば何にも怖くないではありませんか。
足りない知識は幾つになっても勉強できますし自分の知らない知識は幾つになっても色んな方にお教えいただけば今の自分の未熟さなんて成長できるプロセスのなかにあると思えば喜ばしい限りだと思うのですが。

投稿: horikawa | 2005/04/16 19:11:40

初めまして。この日記の提案、とっても素敵だと思います!
でも、手を挙げるのって結構恥ずかしいなぁって思ってしまいますね。。

投稿: Moka | 2005/04/16 14:09:58

>みなさん、思ったことは口に出してしまい、
> 真っ先に手を挙げてしまう人になりましょう。
> そういう人が少なすぎるのが、日本の
>問題点であると愚考します。

日本の問題点は、そうできる人は東大卒だとかものすごい攻撃に耐える体力のある人だけというところではないでしょうか。

投稿: K7 | 2005/04/16 11:37:37

コメントを書く