« 「わからない」という至福 | トップページ | 一徹のVサイン »

2005/03/23

マーラーの5番

朝の仕事をしながらFMを聴いていて、
偶然、マーラーの5番のこのうえなく魅力的な
演奏が流れるとき、
ああ、人生は美しいと思う。

3月 23, 2005 at 08:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーラーの5番:

コメント

 マーラーの5番は『巨人』でしょうか。
ブルノ・ワルターのCDを聴いたことがあります。マーラーの曲は奇妙な感じがしますが、メロディーは美しいです。
私は若いとき、カール・リヒターのバッハを狂ったように聴いていました。しかし、飽きてしまい、最近は聴いていません。
感動しなくなったのです。音楽は聴きすぎないということも重要なことかもしれません。
我慢して長持ちさせるのです。

 私が生涯で最も聴いたのは高中正義さんです。
東芝EMIと契約していた10年間のCDは素晴らしいです。高中さんの音楽は飽きないのです。
理由はよくわかりません。

 恋愛をしているときは、音楽がよく聞こえます。
脳が異常な状態になっているのでしょうか。丸山健二さんはその著書で、結婚はそのときは狂ったようにするものだ、
と書いていました。共通点があるかもしれません。

投稿: 杉崎栄次 | 2005/03/24 22:10:48

コメントを書く