« 不可視な時間の流れの豊かさ | トップページ | 欠乏と豊饒のコントラストを魂の糧として »

2005/02/01

キスはいくらですか?

俺が一人でカウンターに座っていると、
老人がドアを開けて入ってきた。

 俺の背中にあるテーブルに座る。

 若い女が、老人に歩み寄った。
 老人は、何やらもごもごと言ったあと、
ためらうように、
 「あのう、キスはいくらですか?」
と聞いた。

 若い女は、少し恥ずかしそうに、
「キスは90円です」と答えた。

 老人は、きっぱりと、「キスをください」
と言った。
 若い女は、うなづくと、「お好みで
キスです」と言いながら奥に入っていった。

 しばらくして、若い女が老人のテーブルに
歩み寄って、何かを置く音がした。

 女が去ろうとすると、老人はすがるように、
「あのう、キスはまだですか」と聞いた。
 女は、なだめるように、
「今すぐですから、しばらくお待ちください」
と言った。
 
 後ろを振り返ると、上品な顔をした
老人が、
 何やら期待に顔を紅潮させて座っている。
 少年のような純粋さを
感じさせる人である。

 これから何が起きるのか、最後まで
見届けたかった。

 しかし、残念。俺はもう
自分の天丼を食べ終わってしまっていた。
 気が付けば、老人のテーブルにも
すでに天丼が置かれている。

 石津君の修論審査の後の昼下がりに入った、
早稲田駅近くの「てんや」
での出来事である。

2月 1, 2005 at 06:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キスはいくらですか?:

コメント

とろさん、座布団とレポートありがとう。

投稿: | 2005/02/02 6:52:58

タイトルでもしや、と思いました。
てんやの常連であるわたくしには、「90円」でネタばれです。
わたくしも単品追加をよくします。

投稿: いもと | 2005/02/01 9:17:10

もぎ平に座布団3枚!

投稿: とろ | 2005/02/01 8:15:59

コメントを書く