« 脳とデザイン | トップページ | Lecture Records »

2005/01/22

職人として

原研哉さんとの対談。
 とても楽しみにしていた。
 内容については、mp3 にある通り。
 いつものように、電通の佐々木厚さんが
写真を撮ってくださった。

原研哉さんと

 昨今の情勢を見ていると、
 世の中には、腹が立つこととか、
ずうずうしいやつとか、
勘違いしている輩とかいろいろ
いるけど、
 とりあえず黙って良い仕事をするしかない。

 自分のことは棚に上げて、
他人のことをああだこうだいうやつが一番アッタマ
に来る。
 いざとなったら、荒野で一人で生きて
みれば良い。

 注文していたウクレレがきた。
ピアノとチューニングしていたら、
 少し気分が良くなった。

1月 22, 2005 at 12:36 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職人として:

コメント

コメントを書く