« 愛することで、弱さが顕れるとしても | トップページ | イノシシ温泉 »

2004/12/04

齋藤孝、Urb

<齋藤孝さん、ありがとう>

 今週号のAERA(2004.12.6号)の
「齋藤孝のサイトー変換」で、齋藤さんが
「脳と仮想」を取り上げてくださっていました。
 
 理系で文系、文理両立で生まれる発想が、脳科学の
最先端を開く。

 一部抜粋

 なかでも僕が気に入ったのは<「長島茂雄
っぽい感じ」>というのもクオリアだという一説。
大技だ。
 理系的に脳や遺伝子の話をされるとどこか
むなしくなるが、この本はそうではない。
 簡単に言ってしまえば、本作にはあらゆる雑学
が脳の話に収斂する気持ちよさがあり、それは
図らずも「心とはなにか?」という命題の答えに
接近する快感を生む。
 この本を読むと、文系と理系を分ける愚かしさが
沁みてくる。切り離して考えるのはもったいなさ
すぎるというメッセージが残るのだ。

<Urb アーブ>

ただいま発売中のUrb創刊第2号
(グヴィネス・バルトロウの表紙のやつ)
の125ページに、

 ”脳のモードチェンジ”で効果的に気分転換

と題して、私がパズルやっているところとか、
歩いているところとか、好きなピエール・
マルコリーニのチョコレートとかがフィーチャー
されている記事が掲載されています。

http://www.beasup.com/urb/

12月 4, 2004 at 09:00 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤孝、Urb:

コメント

コメントを書く