« 終わりなき「問い」をめぐって | トップページ | 奇妙であることの自由 »

2004/12/29

「楽しむ最先端科学」再放送

「小柴昌俊博士の楽しむ最先端科学」 NHK教育TV

12月31日(金)午後12:00−12:49
「宇宙論 宇宙の始まりと未来を探る」  
講師: 杉山 直先生

2005年1月1日(土)午後12:00−12:49
「脳科学  脳はどう意識を生むのか?」
講師: 茂木 健一郎

2005年1月2日(日)午後12:00−12:49
「量子物理学  目で見えた! 量子の世界」     
講師: 上田 正仁先生

2005年1月3日(月)午後12:00−12:49
「言語学  なぜ人は言葉を話すのか?」   
講師:  酒井 邦嘉先生

http://www.hfbs.or.jp/Information.html

12月 29, 2004 at 03:20 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「楽しむ最先端科学」再放送:

コメント

本日のNHKの番組、「脳科学  脳はどう意識を生むのか?」は格別面白かった。
お話の進むにつれて興奮をかくせませんでした。

学生時代、デカルトの「省察録」を繰り返し読んだ時代を思い起こしました。

アイコンタクトの重要さのご指摘も、経験的によく理解できるものです。家族の絆も、
そんな行為行動のつみかさねではないか、と。ふと思い至りました。また、御著書にも
是非あたらせていただきたいと思います。

投稿: シャルドネ | 2005/01/01 15:57:33

コメントを書く