« チンパンジーがもたらした認知的変容 | トップページ | おいしいこと、自然に帰ること »

2004/12/02

美術解剖学 「生の文脈の一回性」

本日(2004年12月2日)

東京芸術大学『美術解剖学』講義 
後期第5回

 生の現場における一回性の文脈について考えます。自らが置かれた文脈の切実さをいかに引き受け、歴史性の中でオリジナルな作品を生み出すことができるか、ということについて議論します。  
15:35 〜 17:00

美術学部 中央棟 第8講義室

12月 2, 2004 at 07:59 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術解剖学 「生の文脈の一回性」:

» 美術解剖学 一回性の文脈 トラックバック もぎけんPodcast
東京芸術大学 美術解剖学 後期第5回 生の現場における一回性の文脈 藤本徹、杉原... [続きを読む]

受信: 2009/07/29 20:05:40

コメント

コメントを書く