« 「真」とはなんぞや? | トップページ |  美術解剖学 「セレンディピティ」 »

2004/12/09

野中郁次郎さんとの夜

 夕刻、経営学者の野中郁次郎さんの主催される
研究会へ。

 野中さんは、カリフォルニア大学バークレー校に
留学され、その後、一橋大学などで教鞭を
とられた。
 その著書The Knowledge-Creating Companyが、
全米出版社協会「ベストブック・オブ・ザ・イヤー」(ビジネス経営書部門)
を受賞するなど、大変な実績のある方だが、
いろいろ声をかけていただいて、ありがた
く思っている。

 経営学の本、あるいは、未来社会予測の本は、
一度ちゃんと書きたいと思って果たせていない。
 QUALIAの視点から、英語で、
Peter Druckerのような本を書きたいと
思っているけれど、
人生なかなかやりたいことが全部できるわ
けではない。

 90分間、クオリアや脳、感情から見た
これからの経済、社会のあり方について
講演。
 セレンディピティと経営の関係について
もっと話せれば良かったのだけれど、
 時間切れになってしまった。

 懇親会の途中で、野中さんや紺野登さん、
他数名で抜け出して、寿司屋へ。
 紺野さんは野中さんと共著の本を幾つか
出されている。

 野中さんが、突然、英語混じりで話しはじめた。

 やっぱり、茂木さんのリサーチは、エッセンシャル
なプロブレムをパッショネットにパーシューして
いるわけですから、そのハンズオンのカッティング
エッジのアジェンダが・・・・

 英単語が水が湧き出るようにぽんぽん出てくる。
 やはり、野中さんのアタマの中は、英語の
発想になっていらっしゃるんだなあと思った。

 野中さんは学童疎開で沼津に行って、
そこでB29が駿河湾から富士山に向かって
まっすぐ飛んでいくのを見ていたそうだ。

 「それでね、途中で右折するんですよ。」

と野中さんが言われた時、「右折」という
言葉に物凄いリアリティがあって、戦慄が
走った。
 
 「沼津の途中で機銃掃射してね、逃げながら
見上げると、パイロットが笑っていてね、
クソ、と思いましたよ。あれが私の人生の
原点ですね。アメリカめ、今に見ていろ、と
思いましたよ。
 それがアメリカに実際に留学したら、コロリと
好きになってしまって」

 寿司屋の中を魂がよぎっていく気配がした。

 その瞬間の空気の変容を、私は、野中さんが
与えてくれた福音であるように感じた。

12月 9, 2004 at 09:11 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野中郁次郎さんとの夜:

コメント

http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%81%AF%E4%BA%BA%E3%81%AA%E3%82%8A-%E9%87%8E%E4%B8%AD-%E9%83%81%E6%AC%A1%E9%83%8E/dp/4779503833/ref=pd_rhf_p_t_1?ie=UTF8&qid=1249488150&sr=8-3


本エピソードをほほえましく拝見させていただきました。野中先生の最新単行本をご紹介させていただきます。ぜひとも、ご一読いただければ幸いです。

投稿: 成田 | 2009/08/06 9:05:35

野中さんにとってのアメリカの話。
野中さんの人柄が滲み出ていて素敵ですね。
ほのかに温かい気持ちになりました。

投稿: Visionary&Love | 2009/04/19 22:07:34

初めまして!
実は、防衛大学校時代、一時ですが、野中さんに関わりがありました。

米軍の飛行機から機銃掃射ですか?
原体験と言う奴ですね。

それをバネにして、頑張ってこられた。良い話ですね。


茂木先生の出演される平成教育委員会とか見ていますよ。

明るく、いつもクリエイティブで好きですね。
アハー、ワオーという瞬間が良いんですよね。

創造力をかきたてるような本を書かれることを待望しています。

投稿: 石田英司 | 2007/07/05 0:07:42

私も野中さんの「知識創造企業」はこれまで読んできた数百冊のビジネス本の中で一番感動した本です。

是非、茂木さんのピーター・ドラッカー的、未来予測本を書いてください。早く読みたいです。期待しています。

投稿: EBITダ~ッ | 2006/05/08 4:13:00

nomadさん、どうも。

niftyのcocologは、有料サービスなのです。
今回のメンテナンスは、調べてみると新しいテンプレートを
つけくわえるとか、私にとってはどうでもいい理由で(笑)
なんだかのんびりした人たちだなあ、と思いました。
blogは業務系に使うことが少ないと思っているのでしょうが、
私の場合、授業の告知などにも使うので、半ば業務系。
いい迷惑でした。

投稿: 茂木健一郎 | 2004/12/10 7:45:42

こうしたプロバイダのサービス、特に無料のサービスではイライラが募りますね。
ドメイン取って自宅サーバで運営、というのが一番自由がききますが、手間と費用の兼ね合いがあります。
気持ちの問題であれば、どこかホスティングサービスを使うのがいいかもしれません。メンテが無いとは言いませんが、契約に応じた対応はするでしょう。
僕が利用しているところは幸い不自由はしたことがないです。
http://lolipop.jp/

投稿: nomad | 2004/12/10 1:38:10

コメントを書く