« Lecture Records | トップページ | 文学に対する信頼 »

2004/10/31

宗教とお宗旨

今日の悲劇的結末に至る一連の事態を振り返り、
小林秀雄が講演の中で言っていたことが
あらためて思い出された。

・・・だから、それを簡単に言えば、現代人には
宗教性が欠けているんです。本当の純粋な意味で
ですよ。純粋な意味での宗教的経験というものが
なければ、人生には意味は生まれてこない。宗教
的経験というものは、さっきも言ったように宗派
とは違うんですよ。お宗旨とも違いますよ。そん
なもんは、余計なもんです。こういう純粋な宗教
的経験ていうものから、まず、戦争なんてものは
生まれやしないね。あれはお宗旨から生まれるん
ですよ。人を許さないからね。お宗旨というのは
人を許しませんよ。でも本当に疑っている人は人
を許しますよねえ。悟っている人はもちろんです。
・・・・

上の部分の
mp3 file, 1MB, 約60秒
http://www.qualiadiary.com/kobayashioshushi.mp3

(「信じることと知ること」1976年3月6日より抜粋)

10月 31, 2004 at 09:13 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗教とお宗旨:

コメント

コメントを書く