« Lecture Notice | トップページ | Lecture Records »

2004/10/22

+2キロの感謝

 お前忙しすぎるから、身体に気をつけろよ、
といろいろな人に言われる今日このごろ。
 しかし、ソニーの健康開発センターに
聞きに行った定期健康診断の結果は、
 「体重を2キロくらい減らしましょう」
以外はオッケーだった。

 日本マーケティング協会の永田仁さんが
打ち合わせのためにいらっしゃる。
 ひとしきり、北海道の旭山動物園の
話題。
 永田さん、いろいろありがとうございました。

 歩くのが何よりの健康法と、早足で
品川に歩く。

 芸大の授業は、脳の中の文脈主義について。
 色の恒常性(color constancy)や、前頭葉の
DLPFCが意志決定の際にどのように機能するか
ということを話す。
 先週に続いて、興福寺の無著、世親の像も
題材として取り上げる。

 布施英利さんが授業にいらしていて、
最後にコメントをお願いしたら、
 「簡単な決断の時の方がDLPFCが活性化
するということは、実は、簡単に思える決断を
している時の方が、どうしようと迷っている
時よりも、そこに深い何かが現れているのでは
ないですか」
 と相変わらず素晴らしくも味わいのある
言葉をいただいた。
 布施さんのコメント力は私の知る人の中でも
ピカ一である。

 来週の美術解剖学の授業には、池上高志(東京大学)が、
複雑系と認知の話をしに来てくれる予定です。

 千代田線で急いで霞ヶ関に移動。
霞ヶ関ビルに来るのは、幼い時に父に手を
引かれて当時日本一のビルを見上げた時以来か。
 この程度の高さで日本一かと、
かえってあの頃の時代精神がなんだか懐かしく、
ゆかしい。

 REAL TOKYOやART iTを主宰されている小崎哲也
さんがコーディネートされている先見清談。
 
 小崎さんの用意してくださったパワーポイント
に導かれ、いつもとは少し違う切り口で
ものを考え、話すことができた。
 小崎さん、ありがとうございました。

 終了後の打ち上げには、日本の
パフォーミング・アーツのおもしろいものは
ほとんどプロデゥースされている前田圭蔵さんや、
大竹昭子さんがいらして、
 楽しく話すことができた。

 前田さん、大竹さん、ありがとうございました。

 というわけで、体重がややオーバーなだけで、
今日も無事に過ごすことができました。
 世界よ、友よ、ありがとうございました。

 明日から水曜まで、元気で
Society for Neuroscience Meeting
(San Diego, California, U.S.A.)に
行ってまいります。

10月 22, 2004 at 07:19 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: +2キロの感謝:

» 小崎哲哉さんとの対談 トラックバック もぎけんPodcast
小崎哲哉さんとの対談 (先見清談) 文脈主義、視覚優位、芸術、文学 ... [続きを読む]

受信: 2009/07/21 3:14:28

» 美術解剖学 041021 トラックバック もぎけんPodcast
東京芸術大学美術解剖学講議  2004年度 後期第二回 脳の中の文脈主義、仏教に... [続きを読む]

受信: 2009/07/21 3:21:56

コメント

コメントを書く