« The Qualia Journal | トップページ | ポマードのにおい »

2004/10/16

雑草の小世界

 ベランダの「白侘助」(しろわびすけ)という
椿の鉢の根元には、カタバミその他正体不明の草
たちが生えている。

 いつの間にか種が飛んできて、勝手に生えた。

 根の枝分かれの一つには、アリの巣があって、幹を
登り降りしている。

 時には、アリのために少しヤクルトを少し、
白侘助の下にこぼしてやる。

 気が付くと白い小さなキノコが生え、何時の間
にか消えている。
 
 現実逃避したくなると、しゃがんでその小世界
を見る。 
 何時まで経っても飽きないような深みがそこには
確かにあるのだ。

10月 16, 2004 at 07:28 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑草の小世界:

コメント

コメントを書く