« 噴水をまわりながら | トップページ | 印象派に魂をつかまれる! »

2004/10/06

文學界 脳のなかの文学 連載

文學界 2004年11月号
(2004年10月発売)に、

茂木健一郎 脳のなかの文学  
第八回 観念世界のリアリティに殉じて

が掲載されています。

村上春樹の作品をカフカとの比較において論じています。

10月 6, 2004 at 01:44 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文學界 脳のなかの文学 連載:

コメント

コメントを書く