« +2キロの感謝 | トップページ | 精神の三体問題 »

2004/10/22

Lecture Records

小崎哲哉さんとの対談 (先見清談)
2004.10.21. 文脈主義、視覚優位、芸術、文学 
音声ファイル(mp3, 21.8MB, 95分)

東京芸術大学美術解剖学講議 2004年度 後期第二回
2004.10.21. 脳の中の文脈主義、仏教について
音声ファイル(mp3, 18.2MB, 80分)

http://www.qualia-manifesto.com/kenmogi.html

の「芸術」のセクションにあります。

10月 22, 2004 at 07:49 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lecture Records:

» 小崎哲哉さんとの対談 トラックバック もぎけんPodcast
小崎哲哉さんとの対談 (先見清談) 文脈主義、視覚優位、芸術、文学 ... [続きを読む]

受信: 2009/07/21 2:57:30

» 美術解剖学 041021 トラックバック もぎけんPodcast
東京芸術大学美術解剖学講議  2004年度 後期第二回 脳の中の文脈主義、仏教に... [続きを読む]

受信: 2009/07/21 2:58:44

コメント

音声ファイルを聴きました。

文脈依存主義への批判、面白かったです。
芸術にせよ、他の何かにせよ、感覚体験そのものの重要性には同感します。
私はJames Turrelの多くの作品とか、Rothko Chapelとか、William Forsytheの"Limb's Theorem"とかを思い浮かべました。
茂木さんがクオリアにこだわる理由が少しは分かったように思います。

投稿: あすかい なさ | 2004/10/22 13:11:17

コメントを書く