2014/09/15

桐島、コンビニ辞めないでね。

 午前6時過ぎのコンビニは、お客さんの姿もまばらだった。

 野菜サラダや、牛乳をカゴに入れたあと、そういえばこの前コロッケにソースをかけてどんぶりにしたら、とても美味しかったな、と思い出した。

 それで、そのコーナーのあたりに立って、すこし呆然としていると、なんと、店内放送にて、そのタイミングで、「お肉たっぷりのさくさくメンチカツはいかがでしょう。あげたてのさくさくメンチカツ。いま、人気です」という音声が流れてきた。

 そうかっ、メンチカツという手もあった!

 見ると、ケースの中に、メンチカツがおいしそうに並んでいる。その瞬間、ぼくは、コロッケを買おうと思っていたのに、メンチカツにすることに決めた。

 レジに向かって歩きながら、しかし、と考えた。今の音声は、店員さんも聞いていたはずだ。『桐島、部活辞めるってよ』にいかにも出てきそうな、黒縁眼鏡の男の子。今、彼を仮に桐島と呼ぶことにしよう。

 ぼくが、「メンチカツください」と言うと、桐島は、「あ〜こいつ、今の店内放送につられて、さっそくメンチカツ買ってやがるの〜」と思わないだろうか。そこまで思わなくても、「メンチカツですね」と言う時に、つい、口元がゆがんでしまったりしないだろうか。

 どうしよう。食べたいなあ、メンチカツ。でも、宣伝に簡単に影響されるようで、イヤだなあ。やっぱり、コロッケにするか。でも、メンチカツ、最近食べていないなあ。

 そんな私の内面の葛藤を知らずに、桐島君は、ピッ、ピッと牛乳や野菜サラダ、その他のこまごまとしたアイテムを読み取っていく。もう、時間がない。

 決断の瞬間。

 「あの〜、それと・・・」

 「はい?」

 「コ、コロッケください!」

 負けた。桐島の黒縁眼鏡に負けた。彼の口元が、「にやっ」とゆがむ、その映像の予想に耐えられなかった。

 ほんとうは、メンチカツ、食べたかったんだよなあ。

 コンビニを後にしながら、私の心の中で、コロッケとメンチカツがルーレットのようにくるくる回る。

 コロッケ58円、メンチカツ139円。81円のお得。

 とりあえず、ヨカッタことにしよう。節約だよね。

 そして、今度こそは、「さくさくメンチカツいかがですか〜」という音声が流れていないタイミングで、桐島と対決してやるっ!

 桐島、コンビニ辞めないでね。

9月 15, 2014 at 06:56 午前 |

2014/09/14

 杖とカマキリ

 ランニングをしていて、公園を抜け、坂道を下ろうとした時に、外国の方が三人、歩いているのに気付いた。
 年配の男女一組、それに、息子さんなのだろうか、ブロンドの髪が太陽に照らされてまぶしい男性が一人。
 男性は、足に怪我をしているのか、両側に杖をついている。
 
 三人とも心からの笑顔で、さわやかな初秋の日の散歩を楽しんでいるように見えた。

 走るのをやめて、立ち止まった。ランニングアプリは、自動的に計測を停止する。杖をついている息子さんが一瞬ふりかえった。私は、スマホの画面を見るふりをしている。
 

 そこからの坂道は、幅が狭い。人がようやくすれ違えるほど。老夫婦と、両方に杖をついた息子さんに加えて、その横を私がかけぬけるだけの余裕はない。

 息子さんは、ゆっくりと歩いている。私は、下りきったところにある歩行者用の信号が二回青になるくらいの間、その場に立って、スマホを見るふりをしていた。

 視野の隅で、三人が道の反対にわたったのが見えた。わたしも、そろそろ、走ろうと思った。ランニングアプリは、動き始めてしばらく経つと、自動的に計測を再開する。
 
 坂をかけ下り始めたとき、むこうから、今度は一本杖をついたおじいさんが、ゆっくりと歩いてくるのに気付いた。
 おじいさんは、とてもゆっくりと、しかし、確かな歩みで、坂を上ってくる。

 なんとか通り抜けられるだろう。私は、スピードを少し落とした。
 そうやって、おじいさんに近づいて行った時、おじいさんが突然しゃがんだ。
 どうしたのだろう、と思って見ると、坂道の真ん中に、大きなカマキリがいる。

 この季節に時々見る、春から、たっぷりの獲物をつかまえてきて、身体がぷっくりと充実して太っている、精気に満ちたカマキリ。

 おじいさんは、杖をついて歩いていた時とはうってかわった敏捷さで、カマキリの首のあたりをつかんだ。その様子が見えた直後に、わたしはおじいさんの横をかけ抜けた。

 ふりかえると、おじいさんが、そのカマキリを、坂道横の植え込みの上に置こうとしているところだった。
 それで、何が起きたのか、ようやくわかった。


 坂道の上にいると、誰かに踏まれてしまうかもしれないから、カマキリを助けてあげたのだ。
 いい人だな、と思った。


 おじいさんの手が植え込みの上にのびている。ところが、カマキリは、おじいさんの手にしがみついているらしい。

 ブルンブルン!
 
 おじいさんが、手を烈しく振った。それでも、カマキリは落ちない。
 
 ピクッ、ピクッ、ピクピク!

 おじいさんの手が、痙攣したようになった。
 それで、ようやく、カマキリが植え込みの上に落ちた。

 おじいさんは、自分の手をしげしげと見て、首をかしげている。
 
 よい一日を。

 心の中でおじいさんに声をかけて、ふたたび走り始めた。 

 三人の外国の方は、どこに消えたのか、その気配すらない。 

9月 14, 2014 at 06:43 午前 |