2014/11/11

名古屋駅でのこと。

タクシーが、名古屋駅の新幹線口に近づこうとしたら、一切通れない。
 警察の方が、「ここから先には行けません」と丁寧におっしゃったけれども、その理由など、一言もお話にならない。
 
 じゃあ、ここで降りますと、タクシーから出た。

 そこから、新幹線に乗る太閤口までは、歩いてすぐである。
 ところが、もの凄い人の波が前の方にあって、それが壁のようになっていることがわかった。
 大きな日の丸が立てられていて、その周囲に、日の丸を持った人が何人かいる。みんなが、カメラを持った手を伸ばして、撮影しようとしている。

 ふと、スケート選手とか、スポーツをやっている方が凱旋帰国されたのかな、と思った。
 
 とにかく、一切先に進むことができない。よく見ると、目立たないように立っていらっしゃるが、SPの方々もたくさんいる。

 その時、前を誰かが通られて、フラッシュがいっせいに焚かれた。
 「ばんざい!」 「ばんざい!」と叫ぶ方がいらした。

 誰が通られたのか、見ることはできなかったが、通り過ぎられると、SPの方々が、「ゆっくりとお進みください」と言って、それから、人の壁がさっとゆるんで、太閤口に通ることが出来るようになった。

 この間、ほんの2、3分。

 道行く人の言葉で、皇太子さまがいらしていたことを知った。
 雅子さまもご一緒だったとのこと。

 それを聞いたとき、まっさきに思ったのは、「ああ、良かった」ということだった。雅子さまもご一緒で、良かった。

 歩きながら、あの、人の壁の何とも言えない雰囲気について考えた。
 確かに、スポーツ選手の凱旋でも、スターの来日でも、あの雰囲気は出なかっただろう。
 人の意識というものはふしぎで、そこには峡谷も深海もあり、皇太子夫妻がいらっしゃらないと生まれない沃野もあるのだろう。

 小林秀雄さんが、新嘗祭のことについて、講演の中で話していたのを思い出した。
 寒い中、陛下が儀式をされる間、外でずっと立っていて、温かい鴨汁が振る舞われるのではなかったか。

11月 11, 2014 at 07:34 午前 |

2014/11/03

沖縄の大地

行きの飛行機は、寄席を聴きながら、ずっとうとうとしていた。
 おそらく、たっぷりと2時間くらいは、温泉でゆったりとまどろんでいるような感じになっていたのではないかと思う。

 那覇空港は、修学旅行の学生でいっぱいだった。ぼくは、トイレに入って、白シャツと黒ジャケットに着替えた。

 送られてきた予定表には、空港から辺野古に行くとあった。いったいどのような服で行けばいいのかと、なんとなく考えこんでしまって、それで、結局は着替えた。

 辺野古は、ごくふつうの海辺だった。しかし、沖合に赤い線があって、そのあたりが埋め立てられるのだという。
 テントがあって、そこに何人かのひとたちが座り込みをしていた。
 一方、少し離れたところに、黒い街宣車が来ていて、ずっと軍歌を流していた。

 座り込みのリーダーの方とお話しした。初めて認識したことが二つあった。
 一つは、沖縄は台風がくると浜辺はたいへんで、誰も近づかない。10メートルの高さで盛り土をするというけど、それでだいじょうぶかということ。
 もう一つは、辺野古のあたりは、海が深くて、軍艦が寄港できる。つまり、単純なる移転ではなく、新しい基地の建設であると。

 海を見ているうちに、ふしぎな気持ちになった。テントと街宣車が、一つの風景の中に溶け込んでいる。
 
 ほんとうは、沖縄の大地は、異なる立場の人たちを、すべて受け入れるくらい、それくらい大きいのだろう。
 人間たちはしかし、つい、意見の違いをそのまま「壁」にしてしまう。

 帰りの飛行機は、また、寄席を聴きながらうとうとしていた。
 水が漏れる茶碗が千両になる「はてなの茶碗」。私の大好きな、上方のナンセンス噺。
 中で、天子さまが、「万葉仮名」で「はてな」と書かれるという話がある。
 さて、万葉仮名では、「はてな」とはどう書くのだろう、と思っていたら、いつの間にか羽田の光が見え始めた。

11月 3, 2014 at 07:11 午前 |