2014/10/30

「先代の猫」

東京藝術大学で授業をしていた頃、春から秋にかけては、上野公園の東京都美術館の前で飲んでいた。

寒くなると、根津の車屋に降りていく。
下の木のテーブルのあたりが、ぼくたちのお気に入りで、わいわいがやがや芸術論を闘わせていた。

昨日、植田工の「シシューポスの神話」の展示があるというので、上野桜木町のギャラリーに行って、そのあと、みんなで、久しぶりに車屋に行った。
ひょっとしたら、数年ぶりになるのではないかしら。

車屋には、白猫がいた。昨日入ったら、また別の猫がいて、ああ、代替わりしたんだな、と思った。階段のところに、先代の猫の写真が張ってある。なつかしいな、と思いながら見ていた。

酔っ払って、外に出て、戻ってきたときに、今の猫がすりよってきたので、おお、よしよし、と撫でていて、あれっ、と思った。

ひょっとして・・・

マスターにうかがったら、そうだった。元々の猫が、そのまま生きていたのだ。

「いくつですか?」

「こいつ、18歳になります。」

ひええ、長生きな猫くん。そういわれて、よく見ると、白くてもこもこした毛、間違いない。先代だ!

代替わりしたと思っていたら、猫はそのままだった。

変わったのは、おれたちだけか。

久しぶりに飲む車屋のビール、そして日本酒の味は格別で、また近々来たいなあ、と思った。

「先代の猫」が、「現役」のままがんばっているんだから、ぼくたちもまた、青春を貫かねばなるまい!


Kurumaya20141029


10月 30, 2014 at 08:20 午前 |

2014/10/25

私の秋の日

ずっと「面倒くさい」と思っていた「旅ラン」にこのところすっかりはまっていて、「人生最大のよろこび」のひとつとなりはじめている。

 なぜ「面倒くさい」と思っていたかと言えば、リュック意外に、ランニングシューズを入れる袋をもう一つ持ち歩かなければならないからだ。
 しかし、その面倒くささを補って有り余るほど、たのしく、うれしい。

 昨日は、嬉野温泉に到着して、お世話になる大村屋さんのほんとうに泉質のいいお風呂にぱっとつかって、それから走り出した。

 旅ランのよろこびは、初めての土地で、こっちの方じゃないか、とあたりをつけて走っていくことで、しかも、歩くときよりもいわば「早回し」で景色が変わる。そして、自動車でめぐるのでは絶対にたどり着けないような場所へと、行くことができるのだ。

 昨日も、嬉野温泉の、「シーボルトの湯」と、その手前に広がる川沿いの緑の公園という、すばらしい景観にまずは出会った。
 そこから、裏道を、「轟の滝公園」方面に走っていたら、工場のところを横に入っていって、そしたら、本当に笑ってしまうくらい素敵な、高台に田んぼが広がっている景色に出会った。

 その中の小さな道を走っていくと、次第に、風景が広がっていって、やがて立ち止まって振り返ると、そこには嬉野温泉の街並みがあって、その向こうに、おだやかな姿の山々があり、私の秋の日は、そこに、一つの思い出のアルバムとして、収納されたのであった。

Ureshino20141024


10月 25, 2014 at 06:59 午前 |