« かなり高い蓋然性を持ってある言明をすること | トップページ | 自分の脳には可能性があると信じられるような »

2010年1月27日 (水)

「トリセツ」

 脳科学的な視点から何かを言うということについては、数多くの原理的な困難を伴う。ニュートンの運動方程式と同程度の厳密性で何かを言おうと思ったら、現状の脳科学の発展の水準では無理である。

 それでは、脳科学は、現時点では私たちの「生きる」に資する、どんなことを示唆することができるのか? 『プロフェッショナル 仕事の流儀』のスタジオは、そのような「応用脳科学」ないしは「臨床脳科学」の一つの現場であった。

 脳は、私たち人間にとって、生きる上で何よりも大切な、頼りとしなければならないものである。それにもかかわらず、神様は「トリセツ」を用意してくださってはいない。考えてみれば、私たちは、脳をどのように取り扱ったらいいかわからないままに、一人ひとりのたった一回の人生を生きているのだ。

 学校で勉強ができるようになるにはどうすれば良いか? 社会に出て、仕事をする上で自分の能力を活かすには、どのような点に注意すればよいのか? 創造性を発揮するために必要なことは何か? 対人関係で悩んでいる人が、コミュニケーションのスキルを上げるためにはどんなことを心がければ良いのか。

 私たちの生の現場における、それこそ「切れば血が出るような」問題意識。脳科学が未だ発展の途上にあるからと言って、「いかに生きるべきか」という問いに対して沈黙を守ることは、それ自体が一つの選択行為となってしまう。現に同時代を生きる多くの人々に対して誠実であるためには、何とかして「脳科学的には」という問いに答え続けなければならない。そのように私は考えたのである。

|

« かなり高い蓋然性を持ってある言明をすること | トップページ | 自分の脳には可能性があると信じられるような »

コメント

茂木先生、はじめまして。
今日の先生のお話を読んで、とても感銘を受けました。
すごい使命を感じておられるのですね。
先生の研究が突き詰められていって、新しい結果が出されることを、切に願います。

私も、私なりの役割を全うしたいと思えました。
ありがとうございました。

投稿: エツ | 2010年1月27日 (水) 12時47分

茂木様、初めまして。いつも素晴らしい番組有難うございます。

私は音楽をしています。主に舞台の作曲をしています。
音楽とは脳との格闘だと思います。

自分は中国語で歌を作っています。
日中経済で活躍したいです。
この番組を見て経済も勉強出来るのが大きいです。
中国語のメッセージも下記で聴けます。日本語字幕付きです。

こういう人間がいるという事を知って頂きたいです。有難うございました。

http://www.youtube.com/watch?v=T1psD03tQyA (yutube)(春色くちびる)

http://www.youtube.com/watch?v=PfxN2P8TrXc (中国語メッセージ、汉语留言)(日本語字幕付き)

http://www.myspace.com/harukikurokawawold  (マイスペース)

http://www.geocities.jp/kuroharu1218/ (黒川治基とスター軍団応援歌)

少年の日(中国語)

http://www.geocities.jp/kuroharu1218/01-artist58-album58-shounenchina.mp3

少年の日(日本語)

http://www.geocities.jp/kuroharu1218/02-artist58-album58-shounenjapan.mp3

響都(中国語)

http://www.geocities.jp/kuroharu1218/03-artist58-album58-kyotochina.mp3

響都(日本語)

http://www.geocities.jp/kuroharu1218/04-artist58-album58-kyoutojapan.mp3

未来飛行(中国語)

http://www.geocities.jp/kuroharu1218/01-artist49-album49-miraichina-1.mp3

未来飛行(日本語)

http://www.geocities.jp/kuroharu1218/12track12.wma

投稿: 黒川 | 2010年1月28日 (木) 00時40分

いつも楽しくプロフェッショナル仕事の流儀を見ています。
午後10時にお会いする(拝見する)のに、茂木先生はちょうどいいテンションで、お話を伺いやすいです。
住吉さんはシャキーンとしてて、ちょうど、背景のスタジオの光のない空間が茂木先生で、浮いてる照明が住吉さんのような感じがします。
プロフェッショナル仕事の流儀は2人ともセットのそれらのように構成するのに欠かせない、というか、セットも茂木先生と住吉さんの雰囲気になってますよね~。
番組のVTR中、黒地に白抜きで、インデックス?というか、プロフェッショナルの言葉などが表示される時、ピアノのポーンと鳴る時が凄い好きで、一瞬我にかえるというか、アハ体験ってあんまりないですが、あんな感じなのかなと思っています。
プロフェッショナル仕事の流儀、次回の放送も楽しみにしています。

僕は黒を基調とした、というか、真っ黒い服を着ている、黒でコーディネートされた服を着ている女性とものすごく相性が悪い(コミュニケーションに難しさを感じる)んですが、女性が黒い服装の時は、何か独特な感じになるんでしょうか~。

投稿: にしほり | 2010年1月28日 (木) 01時20分

おはようございます 茂木サン 。
茂木サンの 「脳科学的には」のコメントに たくさんの方が 耳を傾け、
ポジティブなコメントに希望を持ち、頑張ろうと思う。
茂木サンは そうゆう存在です。脳・心の捉え方や 観察、 選択、行動が生きる糧となります。


投稿: サラリン | 2010年1月28日 (木) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トリセツ」:

« かなり高い蓋然性を持ってある言明をすること | トップページ | 自分の脳には可能性があると信じられるような »