« 心に残る「逆境」 | トップページ | その笑顔は苺のように »

2010年1月16日 (土)

そのような詳細を知らないままに

 木村秋則さんとは、番組の収録が終わった後も、何回か会っている。会う度に、そのお人柄に惹きつけられる。
 どんな人にも意外な側面があるものと思うが、木村さんにも、収録の時には知らない側面があった。それは、木村さんがメカやコンピュータに強いということである。
 青森の自宅で、オートバイのエンジンを改良して機能を上げたり、自分でコンピュータを組み立てたりしていたという。何でも自分でやる。そのような創意工夫の人なのである。
 木村さんは、りんごの無農薬、無肥料での栽培という偉業をなしとげて世に知られたが、何をやっても大成した人なのではないかと思う。エンジンを改良したり、コンピュータを組み立てたりするということは、つまりは「システム」としての思考ができるということ。
 徹底的に考え、さまざまな要素に思いを巡らせる。そのような木村さんの志向性がなければ、無農薬、無肥料でのりんごの栽培は成功しなかったろう。
 不思議なことは、木村さんの人生のそのような詳細を知らないままに、スタジオでは木村さんのエッセンスが伝わってきたこと。人生が濃縮されて、こちらに感染してくる。『プロフェッショナル 仕事の流儀』のスタジオには、そんな力があった。

|

« 心に残る「逆境」 | トップページ | その笑顔は苺のように »

コメント

茂木サンや 「プロフェッショナル」スタッフ皆さんの仕事に対しての意欲や、
出演者の皆さんを 可能な限り取材した結果が

全てを伝えずとも、
感じ取れる(クオリア・・・)なにか がそこに在る。

どんな事でも 楽しみながら まじめに 取り組む。
という姿勢が 大事なんですね、茂木サン 。

投稿: サラリン | 2010年1月17日 (日) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのような詳細を知らないままに:

« 心に残る「逆境」 | トップページ | その笑顔は苺のように »