« フルーツを持ち帰ってくるような | トップページ | 心に残る「逆境」 »

2010年1月14日 (木)

構内をぐるぐると

 番組が始まって以来、いろいろな方に声をかけていただくようになった。
 困ったこともたくさんある。たとえば、駅などで本が読みにくくなった。私は「本の虫」で、いつでもどこでも暇があれば本を読み出す。
 駅で電車を待っている時などは、本を読む絶好の機会。
 ある時、東京駅の地下の改札で、柱によりかかって本を読んでいたら、次から次へと声をかけていただいた。ありがたいことだと思ったが、何しろページが先に進まない。仕方がないので、構内をぐるぐると歩き回った。
 番組が始まってすぐの頃は、しばしば間違えられた。前番組の印象が強かったらしく、『プロジェクトXをいつも見ています!』と言われたりした。『トップ・ランナー見ていますよ!』と言われたこともあった。民放の番組と混同されることもあり、『情熱大陸見てますよ!」と言われることもあった。
 まいった、と思ったのは、『ガイアの夜明け見ています!』と言われた時。『ガイアの夜明け』は、『プロフェッショナル 仕事の流儀』と同じ曜日の同じ時間帯に放送されている「裏番組」なのである。
 番組の名前が定着してからは、そのように名前を間違えられることも少なくなっていった。

|

« フルーツを持ち帰ってくるような | トップページ | 心に残る「逆境」 »

コメント

おはようございます。太陽のあたたかさは、今日も冷たい風さえもあたかかい光に変えていく朝に感じます。茂木先生にとっては、本は人生の最高の友なのですね!どんな事があっても絶対に離れることはない、先生の偶有性は、全ての本の中に存在することでもあるのでしょうか?..茂木先生のみじかに、もう一つお友だちを増やしてください。お友だちの名前は「コート」君、寒い冬には寄り添っていただければ、よき友になれると思います。コート君は、茂木先生をいつも暖かく包んでくれます。偶有性を求めて「コート君」を今日からぜひお友だちに加えてください。。

投稿: とう華 | 2010年1月14日 (木) 09時32分

茂木サンに 声を掛けたい 気持ちは 分かります。
私もその場に居合わせたら、声を掛けたいです。(迷惑かも・・) 有名になると 比例して 声や、サインを求められるのでしょうね。

ポーズや オーラを 上手く使ってみてはいかがですか。

投稿: サラリン | 2010年1月15日 (金) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 構内をぐるぐると:

« フルーツを持ち帰ってくるような | トップページ | 心に残る「逆境」 »